人気ブログランキング |

タグ:子連れ富士登山 ( 86 ) タグの人気記事

子連れ富士登山2018(5) 下山

子連れ富士登山2018(5) 下山

ここんとこ何年も、我が家の夏休みは菅平の合宿と富士登山ばかり^^;
海外とか温泉とかBBQとか海水浴とか無縁の夏

登ろうか少し迷っていたところに太田裕美さんのツイートとブログ↓
を見て決心しました^^


下山は地獄か拷問か罰ゲームなのか。つらい・・
途中から雨が降り出し、雷も鳴り悪天候の中の下山道
下山はほんと修行ですね。何度も心が折れそうになった。
これからしばらく筋肉痛との戦いです。

a0000912_12263765.jpg


登頂後、なんとか剣ヶ峰(3776メートル地点)に行くこともできて、登りは天候にも恵まれ私自身10度目の富士山登頂を達成できました。

2007年からスタートした富士登山

嫌がる次男をなんとか説き伏せて最後になるだろう親子富士登山。

昨年は膝痛で10年続いた富士登山を断念。
今年はそのリベンジでもありました。

富士宮→須走→富士宮→須走→富士宮→吉田→御殿場→プリンス→吉田→御殿場→富士宮


次男は小1からすべて登頂(8度)に成功して、かつ晴れ男でもあります。
よくがんばりました。
今回は長男は登らなかったけど8回登頂。
家族のよい思い出となりました。

もう富士山は登る山ではなく眺める山にします(笑)

帰りの足柄SAで、次男の大好物なご褒美のいくら丼
a0000912_12262082.jpg

子連れ富士登山2018 ~完~


by crab2003 | 2018-08-13 18:45 | 子連れ富士登山 | Comments(1)

子連れ富士登山2018(4) 九号五勺~山頂~剣ヶ峰へ

子連れ富士登山2018(4) 九号五勺~山頂~剣ヶ峰へ

さぁラストスパート、と言いたいところですがスパートなんてできません。
牛歩みたいにゆっくりと。

次男を追いかけるように登りました。

a0000912_12010974.jpg
a0000912_12010317.jpg
a0000912_12012155.jpg
a0000912_12011628.jpg
登頂~

3730m 13:00

いやぁ。。。疲れた(^^;

でも、この達成感は何事にも代えがたいですね。


a0000912_12115649.jpg





早速、山小屋へ駆け込む。


a0000912_12043142.jpg
赤いきつね 800円
これを高いと思うか、安いと思うか
私は山頂で温かいうどんをいただけるだけ有難い。800円でも安いくらい。
1杯のきつねうどんを二人で分け合って食べました(笑)

次男は400円のオレンジジュースが美味しかったらしく、2本も飲んでました。

a0000912_12103412.jpg

さて、この後どうしましょう。
天気も雨の予報だしそのまま下山するか、最高地点の剣ヶ峰(3776m地点)を目指すか。
次男は「無理、無理~」と大反対。
でもなんとか「日本一の景色を目の前に逃げるのか?日本一を景色をまた見てみないか」
と説得してチャレンジ

これが火口です。
富士山は活火山ですね。なんか怖い感じもします。

a0000912_12132880.jpg
さて、剣ヶ峰へ
疲れた体でこの急な坂身を登らなくては日本最高地点には行けません。
がんばれ~

a0000912_12133324.jpg
剣ヶ峰!!
日本最高峰です。
a0000912_12150882.jpg
a0000912_12120127.jpg
3776m 14:00
やった!




by crab2003 | 2018-08-13 13:00 | 子連れ富士登山 | Comments(0)

子連れ富士登山2018(3) 元祖7合目~九号五勺

子連れ富士登山2018(3) 元祖7合目~九号五勺

ここからが正念場。
幸い天気もよく、暑いと感じるくらい。

こんな道を登ってきました。
このルートは緑も多く、蜂や蝶も見かけます。
a0000912_11370387.jpg

10年前に比べたら外国人が多いこと多いこと。
7割は外国人だったのでは。
しかも英語圏でない方が多い。話してる会話がわからん^^;
中国、台湾、あと中近東の国の方らしく人も多かった。

辛くなった振り返る。
この景色に勇気づけられます。
見るたびに表情を変える雲海。

a0000912_11393758.jpg
この辺りまでは私が先に登ってました。
この後、立場が逆転^^
私が次男を追いかける。

a0000912_11405187.jpg




八合目
3250m 9:16

a0000912_11444608.jpg
a0000912_11444081.jpg
a0000912_11463100.jpg
a0000912_11465181.jpg
九合目
3460m 10:41

a0000912_11490137.jpg
やっと九合目
山頂までのカウントダウン

しかし酸素の薄さと体力消耗が激しい。
10歩ほど歩くともう息が続かない。1分休憩。この繰り返し。
何も考えずただひさすら歩く、休む、歩く、休む、歩く
一歩、一歩

a0000912_11492781.jpg
最後のポイント 九号五勺
もう山頂が見える。

a0000912_11525489.jpg
息子がまだ小さかった頃は、この焼印がひとつのモチベーションでした。
久しぶりに焼印を入れてもらう。
我が家の11年の富士登山の歴史でもある。

a0000912_11532136.jpg

焼印をお願いしている間に休憩中の次男
あと一息!
a0000912_11532611.jpg

九合目五勺
3590m 11:58



by crab2003 | 2018-08-13 11:58 | 子連れ富士登山 | Comments(0)

子連れ富士登山2018(2) 五合目~元祖7合目

子連れ富士登山2018(2) 五合目~元祖7合目

日の出の時間はちょうど、水ヶ塚駐車場から五合目に向かうバスの中でした。
だんだんと明るくなってきます。
山頂近くは雲がありましたが、天気は良さそう。。

2400m 5/13 5:23
a0000912_15264662.jpg
意外と湿度が高い。汗ばむ。

a0000912_15411666.jpg
6合目まではそれほど距離がないので、間もなく到着
一つ一つが目標になるので、最初の山小屋が近いのは嬉しい。
まず最初の通過点
だが、まだ先は長い

2490m 5/13 5:40
a0000912_15413108.jpg
a0000912_15414421.jpg

軽く休憩して新七合目を目指す。

右手には宝永山
ご来光は拝めませんでしたが、陽が昇り太陽に照らされ始める頃の景気が好きです。

a0000912_11222277.jpg

次男は、体力的は全く問題ありませんが、ラグビーの合宿で痛めた脚がまた痛くなりペースが遅め。
好きな音楽を事前に準備していたようで、休憩をこまめに取りながら黙々と登り続けます。
a0000912_11234863.jpg
宝永山のシルエット。これもまた好きな景色。
a0000912_11262820.jpg
元祖七合目に到着
3010m 5/13 6:39

a0000912_11271660.jpg

かなり辛そうな次男。
体力はもう息子の方があるので、私が着いていく感じと思ってましたが、脚の痛みに耐えながらの次男を私が引っ張っていきながらの序盤の登りとなりました。
a0000912_11272162.jpg




by crab2003 | 2018-08-13 05:23 | 子連れ富士登山 | Comments(0)

子連れ富士登山2018(1) 富士宮ルート 子連れ富士登山最終章

今回で11度目の富士登山。

2007年
初めて挑戦した子連れ富士登山。そのときは富士宮ルートで、初心者ゆえの無謀なスケジュールにより、途中で下山。

2008年
須走ルートで山小屋1泊コースに初登頂に成功するも激しい雨と霧で登頂成功の余韻に浸る間もなく下山。

2009年
再び富士宮ルートで山小屋1泊コースで2度目の登頂に成功するも、またもや激しい雨と霧、そして凍えるような寒さとの戦いで登頂を楽しむ余裕は全く無し。

2010年
須走リートの山小屋1泊コース。初めて天候に恵まれ晴れた山頂を初体験。次男も初参加で見事に登頂!

2011年
山小屋泊無しの日帰り登山。3度目の富士宮ルート。天候に恵まで最高峰の剣ヶ峰(3776m地点)へも登頂。

2012年
山小屋泊無しの日帰り登山。初めての吉田ルート。一番人気にあるルートですね。登頂成功!

2013年
4ルートの中で一番下から登る御殿場ルートに初挑戦。天気にも恵まれ登頂成功。4ルート制覇のグランドスラム達成!

2014年
未体験のプリンスコースに挑戦。初めてのお鉢巡り&2度目の剣ヶ峰。そして命に危険を感じるほどの下山道

2015年
ラグビースクールの仲間と一緒に吉田ルートで登頂。膝の痛みをおしての登山はきつかった。次男は小1から6連続登頂!

2016年
私自身11回目となる節目の富士登山。
二人の息子と最長の御殿場ルートに日帰り登山にチャンレジすることにしました。
長男は途中で断念。次男は小1から7連続登頂!


私、52才(男)→富士登山11回目
次男、中3(男)→富士登山8回目
長男は今回は不参加
富士宮ルートはマイカー規制で五合目まで車で行けません。
水ヶ塚駐車場からタクシーかシャトルバスを利用します
帝国に始発は6:00ですが、登山者の多いこの日は4:45のバスが臨時で運行
タクシーを考えていたのですが、早めにバスがありラッキー
実は帰りは雨でびしょ濡れでしたが、シートにビニールが被せてありそのまま(レインコートは脱ぐ)乗れたのは有難かった

2時に水ヶ塚駐車場に到着し、2時間睡眠を取りバスで移動。
5時15分頃に御殿場口新五号目に到着しました。

虹が見えました。
いよいよ出発です

a0000912_12404421.jpg


by crab2003 | 2018-08-13 05:15 | 子連れ富士登山 | Comments(0)

子連れ富士登山2016(5) 下山

子連れ富士登山2016(4) 七合九勺目~山頂

さて下山です。

下山の辛さはよくわかってます(笑)
下山がなければ、何度でも登りたいと息子たちとよく話します。

3715m 8/13 15:24

下山開始。
下で待っている長男を追いかけます。

a0000912_9314012.jpg



月も見えました。
a0000912_9331541.jpg



a0000912_9333254.jpg



途中から大砂走り

脚に筋肉パンパンです(笑)


どこまで続くの~と愚痴も言いたくなります。

こんなに登ったっけ?と思うくらいに延々と続く道。

霧も濃く視界が悪い。

a0000912_934773.jpg


19:00
無事下山しました。

登り 10時間15分(次男は8時間45分)
下り 4時間30分

下山後、息子ふたりに「俺が死んで通夜の時は、富士山の思い出でも話してくれよ」と。
そしたら「あり過ぎて話すことたくさんある」と言ってきた^^

次男はこれで小1から挑戦し続けて、7年連続登頂成功です。彼はまだ悪天候を経験してません。富士登山晴男なのかも!

さて、来年は・・
もういいかな(笑)

と思ったら、次男から提案「途中(6合目か7合目かな)まで馬に乗せてもらい、そこから登山してみたい」と^^
吉田ルートにいますね、馬が。
こういう面白いかも。


(2016 富士登山終わり)
by crab2003 | 2016-08-13 19:00 | 子連れ富士登山 | Comments(2)

子連れ富士登山2016(4) 七合九勺目~山頂

子連れ富士登山2016(3) 新六合目~七合九勺目

七合九勺地点に到着
3290m 8/13 11:42

長男はかなり苦しそうな様子。
私も相当へばってました。

幸い天候はずっとよく、冷たい風も苦になりません。

a0000912_9115696.jpg


a0000912_9142960.jpg


疲れと睡魔の戦いです。

a0000912_9145287.jpg


初心者で御殿場コースを選ぶ人はいないでしょう。
登ってる方、みな経験者という感じがします。
私より年配の方も颯爽と登って行く姿を見て、自分の体力のなさを痛感しました。
呼吸の方法も大事だと再認識。

10メートル歩いて休憩を繰り返す。
いつ辿り着けるのだろう・・・
ただひたすら歩くのみ
「なんで俺こんなに苦しいのに登ってるんだろう」と自問自答

a0000912_918959.jpg


私も辛かったが、長男はもう限界に達しているようだ。
このまま山頂を目指しても、下山の時間を考えるとあまり無理はさせない方がいいと判断。
長男だけ3,400m地点で下山を指示。

腰も足も痛くて、息も苦しくて・・・
私は次男を追って山頂を目指すが、何度も諦めかけた。
10回目ということもあるし、次男のいる山頂まで行って、達成を共有したかった。

a0000912_9212551.jpg


3715m 8/13 14:31
山頂!

次男に送るれこと90分。

次男はワンタンスープ(600円)を食べながら待っていてくれた。



火口です。

a0000912_9243163.jpg



a0000912_925664.jpg


ほんと疲れた。

でも9回目の登頂達成ができて良かった。

体力ではもう息子たちに抜かれました^^;


あっ、山頂でポケモンGoやるの忘れた~(笑)
←最大の後悔
by crab2003 | 2016-08-13 11:42 | 子連れ富士登山 | Comments(0)

子連れ富士登山2016(3) 新六合目~七合九勺目

子連れ富士登山2016(2) 新五合目~新六合目

2590m 8/13 7:25

新六合目に到着。

山小屋はありますが休業中です。

a0000912_8225393.jpg


3人ともだんたんと体力消耗を感じてます。
でもまだ先は長い
a0000912_825138.jpg



a0000912_8272327.jpg



a0000912_8274116.jpg


a0000912_82813100.jpg

3000m 8/13 9:34
七合目を過ぎました。

長男の疲労が思ったよりあり、ペースが落ちてきてます。
次男を先に行かせることにしました。


a0000912_828282.jpg


登っている間、特に苦しい時にふと振り返ると、雲海が様々な姿を見せてくれ癒してくれる。

お気に入りの一枚

a0000912_8284471.jpg


山頂がすごく遠く感じます。
どれだけ歩けばいいのだろう・・・


a0000912_829369.jpg

by crab2003 | 2016-08-13 07:25 | 子連れ富士登山 | Comments(0)

子連れ富士登山2016(2) 新五合目~新六合目

子連れ富士登山2016(1) 御殿場ルート日帰りにチャレンジ


御殿場ルートの特徴は、他の3ルートに比べて登山開始場所がかなり低い位置にあるとこ。
他のルートで言うと二合目くらいの1440m地点からスタート
ガイドブックによると10時間15分とあります(他のルートは6~7時間)。
なので初心者にはオススメできません(とくに日帰りは)。
3年前は山小屋に一泊しました。

仮眠後、軽く食事をとり登山開始です。
まだ暗く登山者もまばら。

1440m 8/13 4:14

写真ほとんど見えませんね^^;

a0000912_873920.jpg


だんだん空が白けてきました。

ご来光見えるかな~と期待も高まります。

a0000912_810727.jpg


すっかり体力がついた息子二人を追いかける私^^;

順調に登ってます。

a0000912_811514.jpg


御殿場ルートは山小屋が少ないです。
なのでしばらくトイレもありません。


1930m 8/13 5:29

次郎坊通過

a0000912_8142625.jpg


a0000912_8144297.jpg


それでもだんだんと辛くなってきます。

湿度があり、半袖でも暑さを感じる道中。

a0000912_815464.jpg


長い道のりなので、マイペースで。

残念ながらご来光を拝めることはできませんでした。
by crab2003 | 2016-08-13 04:14 | 子連れ富士登山 | Comments(0)

子連れ富士登山2016(1) 御殿場ルート日帰りにチャレンジ

今回で10度目の富士登山。

2007年
初めて挑戦した子連れ富士登山。そのときは富士宮ルートで、初心者ゆえの無謀なスケジュールにより、途中で下山。

2008年
須走ルートで山小屋1泊コースに初登頂に成功するも激しい雨と霧で登頂成功の余韻に浸る間もなく下山。

2009年
再び富士宮ルートで山小屋1泊コースで2度目の登頂に成功するも、またもや激しい雨と霧、そして凍えるような寒さとの戦いで登頂を楽しむ余裕は全く無し。

2010年
須走リートの山小屋1泊コース。初めて天候に恵まれ晴れた山頂を初体験。次男も初参加で見事に登頂!

2011年
山小屋泊無しの日帰り登山。3度目の富士宮ルート。天候に恵まで最高峰の剣ヶ峰(3776m地点)へも登頂。

2012年
山小屋泊無しの日帰り登山。初めての吉田ルート。一番人気にあるルートですね。登頂成功!

2013年
4ルートの中で一番下から登る御殿場ルートに初挑戦。天気にも恵まれ登頂成功。4ルート制覇のグランドスラム達成!

2014年
未体験のプリンスコースに挑戦。初めてのお鉢巡り&2度目の剣ヶ峰。そして命に危険を感じるほどの下山道

2015年
ラグビースクールの仲間と一緒に吉田ルートで登頂。膝の痛みをおしての登山はきつかった。次男は小1から6連続登頂!


私自身10回目となる節目の富士登山。
最長の御殿場ルートに日帰り登山にチャンレジすることにしました。


私、50才(男)→富士登山10回目
長男、高2(男)→富士登山9回目
次男、中1(男)→富士登山7回目

ここ数年はマイカー規制の期間も長くなりました。
他のルートは登山口まではバスかタクシーの利用になりますが、御殿場ルートだけはマイカーで行けます。
それだけ登山者が少ない難関コース。

2時頃に御殿場口新五号目に到着しました。
しばらく高地慣れを兼ねて仮眠

ちょうどペルセウス座流星群がピークを迎えた夜。
流れ星を一つだけ見ることができました。


a0000912_7515544.jpg

by crab2003 | 2016-08-13 04:00 | 子連れ富士登山 | Comments(0)