タグ:富士登山2009 ( 5 ) タグの人気記事

子連れ富士登山2009(4) 下山


7:00am
標高3730m
下山開始



下山となると俄然元気のなる子どもたち。
ペースも大人と変わらない。

でも、やっぱり疲れるよね。

8:10am
標高3460m
九合目



雨もすっかり上がって、気温も上がってきた。
景色もだんだん広くなってきました。



登りのときに、もっとこんな景色が見たかったなぁ。



















やっぱり下りも辛い。
よくこれだけ登ってきたものだと自分で感心しながら下りた。
下りも長かったなぁ。
特に砂利道がきつい。
足の踏ん張りをコントロールするために筋肉に負担がかかる。
こどもたちに着いていくの精一杯。立場逆転だ^^;









11:40am
標高2400m
新五合目

長かった下山もやっと終わり。
なぜ富士登山の神様は、毎度我々に試練を与えてるのだろう。
あの山頂の御来光の感動を味わいた~い
達成感というか満足感はそれほど無かったのが正直な気持ち。
今年も御来光を見ることができなかった。
お鉢めぐりも出来なかった。
剣が峰(3776m地点)にも行っていない。
目標はまだたくさんある。

長男は最後まで自分の荷物を背負って登ったし、ペースもだいぶ上がってきた。


この日の夜は、河口湖畔の温泉宿で疲れを癒した。




長男は行く気になってる。散々泣きべそかいたくせにね。
でも、来年のことは今はまだ考えたくない(笑)




(『子連れ富士登山2009 』終わり)
[PR]
by crab2003 | 2009-08-22 12:00 | 子連れ富士登山 | Comments(9)

子連れ富士登山2009(3) 八合目~山頂



8月22日(土)
1:30am 起床
雨は止んでるようだった。



外に出てみると想像しているほど寒さは感じない。
これなら山頂まで行けそうだ。

2:00am
八合目出発



しかし、しばらくすると雨が降ってきた。
それもだんだん強くなる。
霧で前10mくらいまでしか視界がない。
風も吹き始めた。
風速20m以上あったんじゃないかなぁ。
体感気温がぐんぐん下がっていく。
寒さが応える。
昨年の悪夢が蘇ってきた(笑)


3:00am
標高3460m
九合目

霧が濃いせいで目標の小屋が見えない。
人が多いからそうでもないけど、濃い霧の中、暗闇を歩くのは怖いものだ。
この辺りから山頂での御来光目当ての登山者で人が増えてくる。
山頂渋滞が始まった。



手がかじかんで、指も腫れてきてる。
本気でここで帰りたいと思った。



強風には参った。
台風並み。



4:100am
標高3590m
九合5勺

山頂までの最後の山荘。
ここまで来ればあとは気力で登れる、と言いたいところだけど、寒さが本当に辛い。
ご来光はもうあきらめた。



この辺りから根性なしの長男の泣きべそがはじまる。
足が痛い、胸が苦しい、肩が痛い‥
ずっと泣きながら登ってました。
涙枯れるほどに(ちょっと泣きすぎ)



なんとか励ましながら、最後の険しい岩道を登りきりました。



5:20am
標高3730m
登頂!

昨年に続いて今年も霧と雨と風の中でゴールイン~(+_+)

山頂にたどり着いたものの、山小屋の中は大変な人だかり。
とりあえず外でじっとしている以外にすることはありません。
(何度も書くようだけど)寒いです



山小屋が少し空いてきたので、みんなでカップ麺を食べた。
あぁ、体が温まる。
カップ麺は800円なんだけど、2000円払ってもいいよ。
生き返った。



日の出の時間はだいぶ経ってしまったけど、しばらくして霧が晴れて日が差してきた。
下を見ると、まだまだ登山者が登ってくるのがわかる。



くじら?お魚?の雲もお目見え。



(続く)
[PR]
by crab2003 | 2009-08-22 01:30 | 子連れ富士登山 | Comments(0)

子連れ富士登山2009(2) 新七号目~八合目の山小屋に宿泊



14:05pm
標高2780m
新七合目



雨が降ってきた。
霧も濃くなってきた。
気温が下がってきて、だんだん寒くなってくる。



15:30pm
標高3010m
元祖七合目

疲れが出てくる頃。
会話も無くなってきた。



もうすぐ山小屋だ~。



16:40pm
標高3250m
八合目到着

今回はここ八合目の山小屋で宿泊。
濡れた服では寝床にはいけない。山小屋のスタッフの指示により着替える。
私は替えのズボンを持っていなかった(準備不足!)ので、使っていないレインウェアのズボンに着替えた。
女性で替えのズボンを持っていなかったら、どうするんでしょ^^;



夕ご飯です。
恵みのカレー(笑)

山小屋の消灯は夜8時。



ふとん1枚に3人が寝る感じ。狭いです。
6時過ぎに軽く晩酌して布団に入る。



食後に外に出てみると、だいぶ雲も多かった。
明日は晴れて欲しいなぁと切に願ったのでした。



せまいのと酸素の薄さで頭痛がする。去年ほどではないが、やはり頭が痛い。
7時頃に床に入ったが、もちろん熟睡はできない。
長男もたまに起きては、トレイに行ったり、酸素ボトルを吸ったり。
山小屋の泊りは快適とは程遠いけど、暖かい部屋で横になれるだけでも助かる。

夜中に雨が強くなった。
バチバチバチっと雨が天井を打ちならす音が響く。
強い風が壁を鳴らす。
不安がつのる。
このまま雨が弱まらなければ、ここで下山も覚悟しなくてはならない。

(続く)
[PR]
by crab2003 | 2009-08-21 21:55 | 子連れ富士登山 | Comments(0)

子連れ富士登山2009(1) 富士宮ルートに再挑戦 新五号目~新七合目



今年も富士山に登ってきました。

一昨年に初めて挑戦した子連れ富士登山。そのときは富士宮ルートで、初心者ゆえの無謀なスケジュールにより、途中で下山。
昨年は、須走ルートで山小屋1泊コースに初登頂に成功するも激しい雨と霧で登頂成功の余韻に浸る間もなく下山。
そして、今年は1昨年と同じ富士宮ルートの山小屋1泊コースに挑戦。
初の御来光を願いながら、富士山の山頂を目指しました。

今回は、大人5名(内2名は初富士登山)+こども2名(小4、小3)の計7名で全員健康男子です。

8月21日(金)
11:00am
標高2400m

富士宮口五合目の駐車場に到着。



国道152号線を走ってると、耳がつーんとなった。かなり高い場所に来ていることに体が反応している。
お盆中や週末はマイカー規制がかけられ、五合目より下に駐車して徒歩で五合目まで歩いて登るかシャトルバスで移動することになる。
私たちはマイカー規制中ではなかったが、時間帯によっては駐車場がいっぱいになり、国道152号線の路肩に駐車することもある(一昨年がそうだった)。

涼しい。気温は22度くらいか。
富士山を見上げると、天気もよく御来光の期待が高まる。



コンビニで購入したお弁当を食べて腹ごしらえ。
高山病対策のひとつとして、この時点で十分に休養をとって体を慣らせてておくのがよいようだ。

12:30pm
いよいよ3度目の富士登山のスタート!



長男は3度目ということで、多少余裕の表情が伺えます。
ともだちのiくんと久しぶりに会えたのも嬉しかったのだろう。



私と長男は金剛杖を心機一転、新しいものを買いました。
最初はなだらかな砂利道を歩く。



半袖でちょうどよい気候。
このまま順調に行ってくれればと思っていたのだけど‥

12:47pm
標高2500m
六合目

順調にきてます。



1つ目の焼印です(200円)。
ちなみにトイレも200円です。



今回は高山植物を見つけて、調べて、長男の夏休みの宿題のひとつにしようと思ってました。
前回の須走ルートはスタート地点が標高1980mと低かったのでさまざまな花を目にしました。
しかし、今回のルートではこの花だけでした(笑)
せっかく高山直物の冊子を持っていったのに。



この辺りから傾斜も急になってきます。



最初は体が慣れず辛いけど、少しづつペースをつかめてくれば辛さも減ってきます。



この辺りで気温は14℃くらい。
少し寒くなってきた。



この辺りから、すこし霧がかかって山頂の方が見えなくなってきた。
向こうに見えるのは富士山にコブみたいにくっついてる宝永山。



(続く)
[PR]
by crab2003 | 2009-08-21 11:30 | 子連れ富士登山 | Comments(0)

富士登山2009 事前準備メモ




今年も富士登山に行ってきます。↑の写真は長男の持ち物。
今回は一昨年、初めての富士登山で八合目で断念した富士宮ルート。
でも今回はその八合目の山小屋で1泊するスケジュールなので、なんとか無事に山頂に到達できるように頑張りたいと思う。


今後のためにメモを残しておく。


【事前準備】
・ザック・登山靴・レインウェア等に防水スプレー

・酸素スプレー×2
・食べる酸素タブレット
・梅干ジャーキー(乾燥梅ぼし)
・はちみつキャンディー
・キャンディー
・塩キャンディー(熱中症予防)
・ビスケット
・ウィダーinゼリー×4(2人分)
・ミネラルウォター 500ml×5(2人分)

・下着
・半袖シャツ
・長袖シャツ
・パンツ
・フリース
・レインウェアー(雨天時用)
・帽子
・帽子止め
・グローブ
・登山靴
・ザック(40l、長男は25l)
・ザックカバー(雨天時用)
・タオル
・財布
・水に溶けるティッシュ
・ウェットテッシュ
・サバイバルシート(雨・風・寒さ・暑さ避けの緊急用)
・ストック
・日焼け止め
・ヘッドランプ+乾電池
・ゴミ袋
・携帯電話
・デジカメ
・トイカメ+フィルム
・携帯三脚
・気温計(長男の自由研究用に各地点の温度を計測するため)
・山の花図鑑(雑誌の付録についてたコンパクとなもの)
・パウダーシート
・消毒液
・絆創膏
・バファリン(大人用+小児用)
・正露丸
・テーピング(靴ずれに効果あり)
・はさみ

消耗品以外で今回の登山用に購入したものは、長男用のザックとストック。
去年までは金剛杖を使っていたし、ストックは長男と交替で使っていたが長男用の買い増した。ザックも去年まで使っていた街用のリュックからと登山用ザック(25リットル)に昇格(笑)
今年はもうザックを持ってあげないから最後まで自分で背負ってくれよ。
また、サバイバルシートはコンパクトなわりには使い勝手が良いとアドバイスを受け購入。

長男はやる気満々。本人は「去年は登れたから大丈夫だよ」と言っていたが、その自信が過信にならないようにね。
昨年は高山病で頭痛がひどかった(私が)ので、出発地点での十分な休憩と水分補給をしっかりしよう。

登山予定日は天気が下り坂‥
[PR]
by crab2003 | 2009-08-19 22:30 | 子連れ富士登山 | Comments(8)