タグ:佐野元春 ( 90 ) タグの人気記事

藤井一彦 生誕半世紀大感謝祭@下北沢GARDEN

a0000912_23182750.jpg


The Groovers 藤井一彦 生誕半世紀大感謝祭

KAZ’S HALF CENTURY BLUES SHOW


下北沢のライブハウスで4時間ロックンロールBirthday Live

最高に楽しかった〜♪
最前列だったし(^^)

藤井一彦は、好きな日本のロックギタリストの三本に入る!

いや1番かも^^


本人のやりたいセッション、ミュージシャン、曲をわがままにセレクトした感じ

もちろんお客さんにも贅沢すぎる夢のようなセットリスト


石橋凌とARBのAfter'45、Do it boy


チャボと歌うRCの雨上がりの夜空に
今日一番盛り上がったね


元春と歌うナポレオンフィッシュと泳ぐ日とアンジェリーナ
革ジャンの元春カッコイイ

2人がマイクに向かって歌うシーンは忘れられません(感激)


そしてLIVEでSION とPANTA(頭脳警察)の歌を聴ける日が来るとは思わなかった。

そして新山詩織ちゃんが可愛かった(^^)


こんな豪華なセットリストは藤井一彦の功績と才能と人柄が物語っている

50歳の誕生日おめでとう


No Music,No Life

a0000912_23182074.jpg

■LINE UP
石橋凌、伊東ミキオ、ウエノコウジ、うつみようこ、

梅津和時、

エマーソン北村、

THE GROOVERS、(藤井一彦 / 高橋BOB / 藤井ヤスチカ)、
佐藤タイジ(シアターブルック)、佐野元春、SION、白根賢一
土屋公平、仲井戸“CHABO”麗市、新山詩織、PANTA、

細海魚(HEATWAVE)、武藤昭平(勝手にしやがれ)、山口洋(HEATWAVE)
※50音順






[セットリスト]
01.「HELLO LAZY FELLOW」藤井一彦
02.「Groovaholic」THE GROOVERS
03.「美しき人よ」THE GROOVERS
04.「調子はどうだい」SION
05.「俺の声」SION
06.「明日の為に靴を磨こう」山口洋&細海魚
07.「PEACE LOVE & UNDERSTANDING」山口洋&細海魚
08.「放浪の運命」土屋公平
09.「HONKY TONK WOMEN」土屋公平
10.「I Feel The Earth Move」新山詩織
11.「現在地」新山詩織

<ビデオメッセージ 1>くるり
<ビデオメッセージ 2>佐々木亮介(a flood of circle)
<ビデオメッセージ 3>BUMP OF CHICKEN
<ビデオメッセージ 4>八代亜紀

12.「グッドナイト・アイリーン」武藤昭平 with ウエノコウジ
13.「BETTER THAN LIFE」武藤昭平 with ウエノコウジ
14.「ROCKIN' IN THE FREE WORLD」 佐藤タイジ
15.「RUNNIN' AWAY」佐藤タイジ
16.「ONE NIGHT STAND」うつみようこ
17.「I Don't Like」うつみようこ
18.「さようなら世界夫人よ」PANTA
19.「銃をとれ」PANTA
20.「After 45」石橋凌
21.「Do It! Boy」石橋凌
22.「ナポレオンフィッシュと泳ぐ日」佐野元春
23.「アンジェリーナ」佐野元春
24.「君を呼んだのに」仲井戸麗市
25.「チャンスは今夜」仲井戸麗市
26.「雨あがりの夜空に」仲井戸麗市
EN1.「THE WEIGHT」 ALL GUEST
EN2. 新曲 藤井一彦



[PR]
by crab2003 | 2017-06-18 21:45 | 音楽のこと | Comments(0)

佐野元春35周年Anniversary Tour The Coyote Grand Rockestra!@東京国際フォーラム


a0000912_00212577.jpg

佐野元春35周年Anniversary Tour The Coyote Grand Rockestra!@東京国際フォーラム

ツアー最終日

3時間超の圧巻の35曲

2度、涙が溢れました。

2曲目の「優しい闇」そこに元春がいることへの感謝の気持ちと嬉しさで感極まった。

そして、元春が淡々とデビュー当時からスターダムにのし上がるまでの軌跡を語るMCで。

歳のせいか涙もろくなったこともあるし、ここ数年はうまく行かないことが多く、そんなこと頭に過ってしまったせいもある。

a0000912_00212502.jpg

つい先日に還暦を迎えたばかりらしいが、そんな年月の重ねは無用のロックンロールなステージ

最近の3つのアルバム聴けば、まだまだ進化し素晴らしい楽曲を創り続けている。

高校生の時に出会って、ずっと支えられた。
一曲一曲の演奏と自分の人生のワンシーンがオーバーラップ。

元春はそう言うけど、私はSurviveして誇れる道を歩んできたのわからない。
でも一つだけ言えることは、元春の歌とステージを好きでい続けたことは誇れるということ。

ありがとう元春!

(Facebookより)
a0000912_00212530.jpg


35周年の35曲
a0000912_00212556.jpg


[PR]
by crab2003 | 2016-03-27 21:30 | 音楽のこと | Comments(0)

佐野元春&The COYOTE Band Rockin' Xmas Show@六本木シアターEX

a0000912_22125600.jpg


先日の神奈川県民ホールで今年のライブ納めのはずが、友人がチケット余ってしまったからと誘ってくれた。まさにサンタのような人(*^^)v

a0000912_22130521.jpg

今夜はThe COYOTE Bandの3アルバムからたくさん演奏して良いステージでした。


途中とアンコールは、ルーレットとリクエストで選曲
面白い試みで盛り上がる
また、ルーレットとリクエストが好きな曲選んでくれた♪

選ばれるかちょっとだけドキドキした。それだけでも楽しい時。

候補曲が無ければ「だいじょうぶ、と彼女は言った」か「彼女はデリケート」をリクエストしたかったな


a0000912_22130015.png

「ぼくは大人になった」と「スターダストキッズ」

そして「優しい闇」が最高にカッコよかった^^

a0000912_22124818.jpg
ほんと Coyote Band のLiveいいね






[PR]
by crab2003 | 2015-12-23 20:00 | 音楽のこと | Comments(0)

佐野元春@神奈川県民ホール




a0000912_22193122.jpg


元春35周年
COYOTEグルァンドルォ〜ケッストラ@神奈川県民ホール

たくさんの楽曲珠を箱からひっくり返して、次から次へと演奏した感じのステージ
Dr.Kyonのいるバンドがやっぱり好きだなぁ

途中のMCで涙ポロポロ

いろんな事が重なってライブに集中できない時間もあった今夜。
でも元春の言葉と音楽と笑顔に救われた。
居心地の良い3時間半だった。
2015年のいい締めのライブになったかな

a0000912_22450628.jpg

(Facebookより)


a0000912_22194256.jpg

[PR]
by crab2003 | 2015-12-13 22:16 | Comments(2)

佐野元春 & THE COYOTE BAND@HEAVEN'S ROCK さいたま新都心 VJ-3


佐野元春 & THE COYOTE BAND@HEAVEN'S ROCK さいたま新都心 VJ-3

秋だけどサマーツアー
今日からオータムツアーだよ、と(笑)

a0000912_19362212.jpg


初めて訪れる小さなLive House
キャパは4-500くらいか


a0000912_19362493.jpg


運よく良い番号だったので、藤田顕側の最前列♪
新宿以来のこのツアー参加だが、ツアー自体も終盤戦ということで、バンドメンバーもRelaxしていい雰囲気
会場が小さいこともあり、両サイドのススタッフの様子もよく見える。
スタッフもプロとしての仕事をしつつ、リズムに乗って時には口ずさむ

この日はギターが自分の胸にガンガン突き刺ささり、とてもとてもロックな時間だった。
BLOOD MOONからの曲は、どんどんかっこよくなってくるし、元春のパフォーマンスもMCも冴えてる。


a0000912_19362753.jpg



後半に演奏したあの曲は、ミスDJリクエストパレードでよく流れていた。
個人的に川島なお美を偲び、当時の彼女の声を思い出してしまった。

このBandでCOYOTE3部作からもっといろんな曲を聴きたい。



[PR]
by crab2003 | 2015-10-07 20:30 | 音楽のこと | Comments(0)

佐野元春 X LOVE PSYCHEDELICO@EX THEATER ROPPONGI



a0000912_023236.jpg


ローリングストーン日本版主催の音楽イベント「THE ROCK FACTORY」

佐野元春 & THE HOBO KING BANDとLOVE PSYCHEDELICOの
対バンライブに行ってきました。

会場は、以前のエルビスコステロで訪れた EX THEATER ROPPONGI

元春のBandは、New AlbumをReleaseしたばかりのCoyote BandではなくTHE HOBO KING BAND
Dr.Kyon
古田たかし
井上富雄
笠原あやの
のビルボードの編成。

久しぶりのHobo King Band
良いね~
チェロの笠原あやのちゃんのちょっとした遊びの演奏に気づいてまたそれも楽しい。


LOVE PSYCHEDELICO(以下、デリコ)は、ほとんど聴いたこと無かったけど、チケットを譲ってくれた友人がベスト盤貸してくれたおかげで予習もできばっちり楽しめた。歌も演奏も上手い♪
Bob DylanのBlowin' In The Windを共演
とても幸せを感じる時間でした。

ライブ後に元春とデリコの二人のトークショー。
話はいいから演奏をもっと聴きたいと思っていたが、この話も話題があちこちに飛んで面白かった。

Rolling Stone Magazineの功績は計り知れない。

a0000912_024168.jpg




[PR]
by crab2003 | 2015-09-16 22:00 | 音楽のこと | Comments(0)

風街レジェンド2015

a0000912_23405316.jpg



「風街レジェンド2015」 松本隆 作詞活動45周年記念プロジェクト

ドラマーな作詞家・松本隆さんらしいライブだった。

a0000912_23405655.jpg



はっぴいえんど「はいからはくち」では元春が大瀧さんの代わりにボーカルをとった。
大瀧さんがそこにいるようなステージ。


a0000912_23404599.jpg



太田裕美の木綿のハンカチーフで感激(かわいい!歌うまい^^)し、
早見優の誘惑光線にやられクラっとし(かわいい!)、
イモ欽トリオのハイスクールララバイで懐かしさ爆発(笑)

後半はナイアガラワールド
君は天然色(伊藤銀次、杉真理)
A面で恋をして(伊藤銀次、杉真理、佐野元春)
恋するカレン(稲垣潤一)
さらばシベリア鉄道(太田裕美)

ナウシカを歌う安田成美の可愛らしさ、吉田奈々子のガラスの林檎に圧倒され、
そして、水谷豊のやさしさ紙芝居に、寺尾聡のルビーの指輪を聴けた。

初めて生で聴くミュージシャンも多く、このようなイベントでなければ出会えないような貴重なステージを満喫

最後にユーミン登場。歌わなかったけど、松本さんの戦友としてお祝いのことばを贈ってました。

嬉しさと感激で何度か嬉し涙で目を滲ませてしまいました。
特に太田裕美の2曲と君は天然色が一番嬉しかった♪

日本音楽史に残る偉大な作詞家・松本隆さんのすごさをあらためて感じる素晴らしい夜だった。

木綿のハンカチーフが配られました^^

a0000912_23403647.jpg



夏なんです(はっぴいえんど)
はないちもんめ(はっぴいえんど)
はいからはくち(はっぴいえんど)+佐野元春
木綿のハンカチーフ(太田裕美)
てぃーんずぶるーす(原田真二)
タイムトラベル(原田真二)
シンプルラヴ(大橋純子)
ペイパームーン(大橋純子)
三枚の写真(石川ひとみ)
東京ららばい(中川翔子)
セクシャルバイオレットNO.1(美勇士)
ハイスクールララバイ(イモ欽トリオ)
赤道小町ドキッ(山下久美子)
誘惑光線クラッ(早見優)
風の谷のナウシカ(安田成美)
君は天然色(伊藤銀二・杉真理)
A面で恋をして(佐野元春・伊藤・杉)
バチェラーガール(稲垣潤一)
恋するカレン(稲垣潤一)
スローなブギにしてくれ(南佳孝)
ソバカスのある少女(南・鈴木一郎)
砂の女(鈴木一郎)
しらけちまうぜ(小阪忠)
流星都市(小阪忠)
woman Wの悲劇(吉田美奈子)
ガラスの林檎(吉田美奈子)
スピーチバルーン(風街ばんど)
カナリア諸島にて(風街ばんど)
綺麗アラモード(中川翔子)
卒業(斉藤由貴)
September(EPO)
さらばシベリア鉄道(太田裕美)
やさしさ紙芝居(水谷豊)
ルビーの指環(寺尾聰)
驟雨の街(はっぴいえんど)
風をあつめて(はっぴいえんど)


[PR]
by crab2003 | 2015-08-22 21:00 | 音楽のこと | Comments(2)

佐野元春@新宿ReNY

a0000912_00212224.jpg
(Facebookより)

新宿の新しいライブハウス「ReNY」で佐野元春&Coyote Bandのライヴ


オープニングが最高にかっこよかった。

元春はよくLiveでアレンジ変えるけど、あそこまでアレンジ変えた曲は久しぶり。

それもロックしまくりでHeat up

そして先日ReleaseされたばかりのBLOOD MOONからたくさん演奏してくれた。
もうCOYOTE,Zooey,BLOOD MOONの3作だけでライブをしてもいいくらい強さをもったバンドになってる。

とにかくアルバムBLOOD MOONが秀逸な曲ばかりで、ライヴでの演奏もかっこいい。

それでも80年代の曲をやってくれると、自分も高校生に戻り、あの時の元春と自分が30年以上も経ってまた同じようにまた歌ってることが信じられません。

あのときの高校生に教えてあげたい。

ほろりと涙した瞬間



a0000912_00212247.jpg
(Facebookより)

[PR]
by crab2003 | 2015-08-04 19:00 | 音楽のこと | Comments(0)

BLOOD MOON / 佐野元春









a0000912_23381489.jpg


元春に新作「BLOOD MOON」が届いた。

いつものようにリリースまで視聴は全くせず、
まっさらな状態から通して聴いてみて、
新しい作品に出会えた嬉しさと小さな戸惑いが交差する。

部屋に新作が流れる今日のこの大切な時間は至福の時。

まずは「空港待合室」が先に読んだ歌詞と感じが違って
いい意味で裏切られた感じ♪
聴く度にたくさんの発見がありそうだ。
元春の楽曲は時が経つと味わいが変わっていくからね。

レコーディングした日を見ると何曲かは随分前なんだね。
最初の2曲は僕の去年の誕生日だ^^
リリースおめでとう。



[PR]
by crab2003 | 2015-07-22 23:40 | 音楽のこと | Comments(0)

佐野元春@ビルボード東京 2nd stage

佐野元春 & The Hobo King Band Billboard Live「Smoke & Blue 2014」atビルボードライヴ東京



80年代、90年代の曲の新しいビルボードならではのアレンジや未レコーディングの曲など、楽しく中身の濃いステージでした。

liveではあまり演奏しないあの好きな曲のビルボードアレンジが気に入りました。


今年のビルボードはこれだけと考えていたけど、来月も行きたくなった。

4人のジャズバンドのような演奏もかっこよかった~

佐野元春
古田たかし(Dr)
井上富雄(B)
Dr.kyOn(Key)
笠原あやの(Cello)


しーたかさんの髪型だけは謎(笑)

a0000912_06180160.jpg



a0000912_06180694.jpg

a0000912_06180991.jpg



No 元春live No Life!


[PR]
by crab2003 | 2015-05-18 23:00 | Comments(0)