<   2013年 08月 ( 13 )   > この月の画像一覧

子連れ富士登山2013(6) 御殿場ルート 下山

さぁ、ぼちぼち下山といきますか





下山開始

6:44am
標高3700m

山頂

真っ暗な中で登った道。こんなだったんだ





あんなに無口だった次男が、饒舌になりました(笑)

気分的に全然違うからね





下りは景色を見ながらなので気持ちいいですね。





泊まった山小屋に戻り朝食を。

次男はこの朝食を絶賛してました^^

美味しかったね~



六合目あたりから大砂走りが始まります。

砂の斜面を一気に下る。




この道が続く続く続く

けっこうキツいんだよね

「何で富士山に登ったんだろうね?」と語りながら山を下りました。




下りはこどもたちの方がペースが早い。が、さすがにこれだけ長いとお疲れのようで・・



ゴール直前のお茶屋さんでカキ氷を。

ほんと美味しかったよ!



11:30am
標高1440m

新五合目




これで三人とも
グランドスラム(富士宮、吉田、須走、御殿場の4ルート)達成!
特に次男は10歳で4ルート制覇。たいしたもんだ

最長距離の御殿場ルートで登頂できたのはいい経験になった。
天候とか次男の体力とかいろいろ不安はありました。でもやっぱり登ってよかった。

さて来年は?
2人もとも「もう4つのコース制覇しから、もう登らない」って^^;
まだ、未体験のお鉢めぐりが残ってるよ(笑)

長男は2回目、3回目で極寒&強風&強雨での富士登山を経験している。
次男が登り始めてから、本格的な雨を経験していない。
どうやら次男は晴れ男のようだ。一度、あの寒さの辛さを経験するのもいいかな(笑)
私は2度と経験したくないけど。本当につらくて私も涙でましたから。


いつもなら近くの温泉宿や民宿に泊まって疲れを癒してから帰るのだが、塾の都合で日帰り温泉で汗を流して帰宅。
ビールのために富士山に登るほど富士登山は簡単ではないが。帰宅後のビールが美味すぎて!

しばらくは筋肉痛とお付き合いです・・・


(子連れ富士登山2013終わり)
[PR]
by crab2003 | 2013-08-22 11:00 | 子連れ富士登山 | Comments(2)

子連れ富士登山2013(5) 御殿場ルート 七号五勺~山頂


眠い目をこすりながら起床。
もう何人かは登山の準備をしている。
電気はつけることができないから、ヘッドライトを使って出発の準備。

外はさすがに寒い。5℃くらいかな。


8月22日(木)
1:06am
標高3090m

七号五勺

深夜1時に山小屋を出発。

山頂を目指します。



満月に向かって歩く歩く歩く



この辺りではあまり風もなく、歩いていると寒さもそれほど感じない。

が、しだいに冷たい風が吹き始める。
ときおり体ごと吹き飛ばされそうな強い風も

うっすらと見える山頂を目指す


3:06am
標高3400m

八合目



東の空が少しづつ明るくなってきた。

ここからが厳しい時間帯

なんとか山頂でご来光を見たい。

しかし、次男の体力もかなり消耗している。そして、頭が痛い、足が痛い、胸が気持ち悪いと辛そうだ。
「がんばれ~」「がんばってるね」「いいペースだよ」「がんばって足だけでも動かそう」「上を向いて喉を開いて深呼吸」「自分の戦いだ」「お兄ちゃんが待ってるよ」「ママも応援しているよ」
言葉を替え次男を励ます。

だんだんと東の空は明るさを増し、日の出の時間がせまる。
表情を見ると涙顔だったけど、一生懸命に最後の力をふりしぼって歩き続けた。




5:06am
標高3700m

山頂


そして、山頂に。

山頂でのご来光です。
富士登山7回目にして、初めて山頂でご来光を拝むことができました。

感動の瞬間

よくがんばった

ご来光より、山頂でご来光を見ようと辛いながらもベソかきながら最後をがんばって歩いた次男の姿が頼もしく嬉しく感じた。

酸素不足に睡眠不足、頭痛、筋肉痛、足の先の痛みなど困難を乗り越えて、ご来光の時間までに山頂まで登りきった。

長男も途中で何度も次男の手を引いたり、次男のリュックを持ってくれたり、何度も励ましくてくれた。










ご来光の背後には満月も(わかりますか?)






右側が剣ヶ峰(3776m地点)です。

時間もあったので、「お鉢巡り(登頂後、火口を歩くコース)か剣ヶ峰(3776m地点)行く?」と誘ってみたら、2人揃って「もう無理!」と即答(笑)
剣ヶ峰は体験済みだったので、お鉢巡りは行きたかったんだけど・・



山頂で800円のカップラーメンで身も心も温まり、下りることに。

あぁ、この温かいラーメンの味
忘れられません。


[PR]
by crab2003 | 2013-08-22 01:00 | 子連れ富士登山 | Comments(2)

子連れ富士登山2013(4) 御殿場ルート 山小屋に泊まる



山小屋は「砂走館」にお世話になりました。

寝床に案内されると、次男は間もなく眠りに・・・

かなり疲れていたのかな。

三人で川の字になって寝たのはいつ以来でしょ。



大人三人だときついけど、子どもと一緒だとこれで十分です。寝るだけですから。



夕食はカレーライス。おかわり自由なのが嬉しいね。




ここのトレイはバイオのトイレ。





消灯は夜9時。

それまで時間があるので、景色を眺めていたら雲行きが怪しくなってきた。

と、突然雷鳴が聞こえすぐ近くで落雷。

ビリって電気が走り、目の前がピカっと光った。
思わず髪の毛がこげたのでは?と後頭部を触ってしまうくらい。

しばらくすると、下りてきた若者が「僕に雷が落ちました」と笑顔で語る(笑) ←いや笑いごとではない
何人かに写真撮られてました^^;
「おい、足がないぞ」と茶化されたり
いやぁ、雷はほんと怖い。

眼下に見える御殿場の街の夜景が宝石箱のようにきれいなんだけど、その上の雷雲がずっと光ってる。
山小屋も停電になった。

↓の写真はなんとか撮れた雷



見上げれば満点の星空とポラースタア。
眼下には美しい街の夜景と雷
そして満月(この日はブルームーンという月だったらしい)
違う星にいるようだ

そんな夜景を楽しむ二人



山小屋のスタッフが「山頂でご来光を見るよりレアな光景じゃね」と言ってました。

ほんとこんな景色を見れたのも登山の醍醐味

つかの間の休息です。

おやすみなさい。
[PR]
by crab2003 | 2013-08-21 21:00 | 子連れ富士登山 | Comments(2)

子連れ富士登山2013(3) 御殿場ルート 新六合目~七号五勺



もうこの辺りになると、まったくしゃべらなくなります^^;






8月21日(水)
12:33pm
標高2830m

六合目

ここでも山小屋がなくトイレも無し。携帯トイレの出動はあるのか?

山頂まであと3.7kmも歩くのかぁ・・



3000m地点まで来たぜ~



8月21日(水)
13:51pm
標高3030m

七合目



泊まる山小屋までもうすぐだ

お兄ちゃんがリュックを持ってくれるって^^






山男?





スイカはちょっと食べてみたかったなぁ・・



さすがに私も疲労がピークに。



8月21日(水)
14:48pm
標高3090m

七合五勺

山小屋に到着~~~♪



やっと休める~
嬉しい~

ここまでは天気もよく、順調に登ってきました。
[PR]
by crab2003 | 2013-08-21 15:00 | 子連れ富士登山 | Comments(0)

子連れ富士登山2013(2) 御殿場ルート 2000m地点~新六合目



まだまだ砂道が続く。

岩場が少ないのが次男にとっては都合がいい。
大きな岩が続くと小さな子どもには大きな負担になり体力を消耗する。



元春の♪空よりも高く~♪と口ずさむ



長男は初音ミクを聴いているのかな^^



長男の体力だと次男のペースは遅すぎる。
一人だけ先に登って、休憩ポイントで待っていてくれた。
時には、そこから下りてきて次男を励ましてくれたり、リュックを持ってくれたり。
随分成長しました。



背後に見えるブルドーザー。あれに乗れたらどんなに楽なことか(笑)



がんばれ~



新六合目に到着。
標高にして1150m、時間にして5時間近く経ったが、ここの山小屋は休業中です。
トイレもありません。
汗もかなりかいてるので尿意もありませんが。

8月21日(水)
10:49am
標高2590m

新六合目



ママが握ってくれたおむすびでパワーチャージ!
帰ってから次男が「ママのおむすびは最高に美味しかったよ」と嬉しそうに話してました。



まだまだ歩き続ける
[PR]
by crab2003 | 2013-08-21 11:00 | 子連れ富士登山 | Comments(0)

子連れ富士登山2013(1) 御殿場ルート 新五合目~2000m地点

今回で7度目の富士登山。

2007年
初めて挑戦した子連れ富士登山。そのときは富士宮ルートで、初心者ゆえの無謀なスケジュールにより、途中で下山。

2008年
須走ルートで山小屋1泊コースに初登頂に成功するも激しい雨と霧で登頂成功の余韻に浸る間もなく下山。

2009年
再び富士宮ルートで山小屋1泊コースで2度目の登頂に成功するも、またもや激しい雨と霧、そして凍えるような寒さとの戦いで登頂を楽しむ余裕は全く無し。

2010年
須走リートの山小屋1泊コース。初めて天候に恵まれ晴れた山頂を初体験。次男も初参加で見事に登頂!

2011年
山小屋泊無しの日帰り登山。3度目の富士宮ルート。天候に恵まで最高峰の剣ヶ峰(3776m地点)へも登頂。

2012年
山小屋泊無しの日帰り登山。初めての吉田ルート。一番人気にあるルートですね。登頂成功!


今年は、富士登山にある4つのルート(吉田口、富士宮口、須走口、御殿場口)の内、最も距離が長い御殿場ルートにチャレンジ。

次男はこの計画を聞いて、ちょっと怖気づいてました^^;
山小屋に1泊するからと説得し、今年も男三人で登ることに。

御殿場ルートの出発は五合目ですが、実質2号目の高さ。他のルートと比べても1000m近く低い場所から登ります。
長いよ~
なので最も登山者数が少ないルートでもあり、人もまばら。

私、47才(男)→富士登山7回目
長男、中2(男)→富士登山7回目
次男、小4(男)→富士登山4回目

夜中3時頃に自宅を出発。
5時前には五合目に到着。駐車場も余裕がありました。
高山病対策で、しばらく五合目で過ごす。涼しくて気持ちいい朝。

この日は葉加瀬太郎が山頂で新譜キャンペーンでバイオリンを弾くという企画があったようだ。
1日ずれてたらなぁ(笑)
弾いてる頃、我々はまだ1440m地点



8月21日(水)
6:00am
標高1440m

新五合目

新五合目と言っても、2合目の高さ。
遠くに見える富士山頂。ほんとのあそこまで登るの?という気分です。
元気出して出発~!



長袖1枚でちょうどよい。

天気予報はあまり良くなかったけど、なんとか行けそうな天気







ひたすら砂道を登ります。








刻一刻と変化する景色を眺めながら・・



まだ元気です(笑)

が、しばらくするとだんだん無口に



長男が手を引いてくれました。






同じ景色が延々と続く





7:56am
標高2000m

登り始めて2時間が経過
ここまでは順調


[PR]
by crab2003 | 2013-08-21 06:00 | Comments(0)

子連れ富士登山2013 事前準備メモ



今年も結局のところ富士登山にチャレンジしてきました。
山小屋1泊の御殿場ルート

今年も、長男のためにトレッキングシューズも買いました。
もう私よりサイズ大きいです。私が長男のお下がりを使う日ももうすぐ(笑)


【事前準備】

・ザック・登山靴・レインウェア用に防水スプレー(事前準備)
・酸素スプレー×4(結局3本しか使わず)
・キャンディー
・塩キャンディー(熱中症予防)
・ビスケット
・パワージェル×3(3人分)
・ミネラルウォター 500ml×6(3人分)
・スポーツドリンク 500ml×6(3人分)
・おにぎり(ママが握ってくれた)
・LEDランタン(出発前着替え用。車のライトだけでは暗いので)

・小銭(トレイも有料)
・下着
・半袖シャツ
・長袖シャツ
・パンツ
・ロングパンツ
・フリース
・レインウェアー(雨天時用)
・帽子
・帽子止め
・グローブ(今回は3組づつ※雨が降ったらハンパない寒さ)
・登山靴
・ザック(40L、長男は25L、次男は20L)
・ザックカバー(雨天時用)
・サングラス
・タオル
・財布
・水に溶けるティッシュ
・ウェットテッシュ
・サバイバルシート(雨・風・寒さ・暑さ避けの緊急用)
・ストック(3本)
・金剛杖(1本)
・日焼け止め
・ヘッドランプ+乾電池
・ゴミ袋
・携帯電話
・デジカメ
・パウダーシート
・消毒液
・絆創膏
・バンテリン
・バファリン(大人用+小児用)
・正露丸
・テーピング(靴ずれに効果あり)
・鼻腔拡張テープ→長男曰く、効果絶大!



[PR]
by crab2003 | 2013-08-20 10:00 | 子連れ富士登山 | Comments(0)

朝のビーチは気持ちいい/吉佐美大浜

6時起きで自転車で海へ向かう。

とっても清々しい朝です。

ビーチには、もうサーファーが海に出てました。





海を眺めてるだけで気持ちいですね~



さぁ、泳ぎましょう

と、その前にラグビーを^^







サーキットトレーニングも^^




いい汗かいて、やっと海へ~



次男は「超楽しい~」を連呼してました。

朝の海っていいね。

次男のリクエスト通り、泊まって良かったね。








チェックアウトして、そのまま帰路へ。

やはり帰りもリゾート21黒船電車。

金目鯛のお弁当と伊豆の国ビール



快適です!



疲れからか、途中から2人とも熟睡でした



来年もまた遊びに来たいね!



[PR]
by crab2003 | 2013-08-18 10:00 | 子連れお出かけスポット | Comments(2)

下田の宿

外浦海水浴場でたっぷり遊んだ(私はビールをたっぷり^^)後は、バスで移動して宿へ向かう。

途中のひまわり



泊まったのはこちら

白い建物がすてきなペンション

部屋はこじんまりとしてますが、使い勝手は悪くありません。





南国ムード^^

この付近は、外国のリゾートを思わせるお店も見られます。

外国人も多く見かけました。外国人専用のペンションもありました。

どうやら口コミで流行りだし、オーストラリア人なんかが多いみたいですね。





廃棄自転車を修理したリサイクル自転車が無料で使えます。

自転車で海岸線を走ると気持ちいいですよ~





夜になると真っ暗です。

このトンネルも不気味ですが、幽霊は出ないとのこと(笑)



夜にペンションのBARで食事をしていたら、かわいいワンちゃんが^^





ツマミのはずの塩辛を注文し、メニューにない白飯まで。これで満足のようです^^;
おっさんかっ!?



とりあえず、下田らしい食を堪能

静岡麦酒に地金目鯛煮付けにしったか。”しったか”は初めていただきました。








夜は、宿からプレゼントしていただいた花火を持って海へ。

真っ暗な砂浜を照らすのは月明かりのみ。

幻想的で、ちょっと怖い感じの海。



長~く楽しい1日が終わりました。

(続く)
[PR]
by crab2003 | 2013-08-17 21:00 | 子連れお出かけスポット | Comments(0)

伊豆下田・外浦海水浴場へ

夏休みが半分過ぎたのに、プールにも海にも行ってない息子たち

男三人で下田に向かいました。

いつもの通り電車で日帰りを計画しましたが、次男がどうしても泊まりたいと言うので宿を予約。

しかし、ここでアクシデント。

出発の早朝4時に電話が。宿から「こちらの手違いで空室がありません。申し訳ありませんがキャンセルさせてください」と。
慌てて、当日空いてる宿を探しました。とりあえず良さげところが見つかり一安心で出発。

スーパービュー踊り子でなく、鈍行のリゾート21黒船電車です^^

マイカーの無い我が家。必然的にお出かけは電車が多くなります。”乗り鉄”になるってもんです。
普通電車では面白みがないので、このリゾート号を狙って行きました。






熱海では結構混んでましたが、途中でだいぶ下車してなんとか席を確保



ガリガリ君号ともすれ違う(笑)




海岸線を向いた席で車窓を楽しみました。

これは、まさに海に向かってる!って気分になりますね。




下田駅の改札口も雰囲気満点!





下田駅からバスに乗り、まずは外浦海岸へ。




この夏、やっと初泳ぎの二人
楽しそうです。



この海水浴場は波も穏やかで子連れが多いですね。あまり人も多くなくのんびりした感じです。

貴重品預かりもあるので、電車組にはありがたい。

水質はAAランク。きれいな海水でした。

クラーバックに氷をたくさん入れていったので、ビールもキンキンに冷えてます。

最高ですね^^





岩場では魚やカニ、ヤドカリがいます。

なんだか、こうして見るとヤドカリってかわいいなと思いました^^




あぁ、今年も下田に来て良かった~




(続く)
[PR]
by crab2003 | 2013-08-17 12:00 | 子連れお出かけスポット | Comments(0)