<   2012年 08月 ( 29 )   > この月の画像一覧

浅草ブルームーン


浅草ブルームーン、というタイトルをつけるとキャバレーかスナックみたいだね(笑)

この日は一月に2回の満月が見れるというブルームーンでした。

きれいなまん丸お月さんが空に映えてましたよ。








[PR]
by crab2003 | 2012-08-31 22:00 | 旅・温泉・ホテルのこと | Comments(0)

浅草の夜




家族で旅行らしい旅行も行かず夏休みが終わってしまいそうだったので、最後の最後に1泊だけ遊びに行きました。

まずは木更津アウトレット。
とっても暑くて購買意欲も減退してしまったけど、少しだけ買い物を。
スポーツショップのブランドは、いろいろ欲しいのもあったのでまた行ってみたいね。

そして、そのまま浅草へ。


ホテルにチェックインして、夕暮れ時の浅草はぶらり

シャワーを浴びた後だったので、すごく気持ちよかった。






ホッピーの提灯が誘う誘う^^;







ここは浅草・東洋館。

ナイツやWコロンもここでよくライブをやってます。



で、環境漫才ってなんでしょうね(笑)
ちょっと興味あります。林家ライス・カレー子



銭湯に行きそびれた~
次回は浅草の銭湯を体験すべし





で、ホッピー通りにずらりと並ぶ居酒屋

我々も浅草のんべぇの仲間入り~





向こうのほうに浴衣のきれいなお姉さんが・・



やっぱり浅草はモツだね。

ホッピーもうまい















やっぱり浅草寺は「凶」が多い。

4人中、2人が「凶」



な~んか、ベタな写真(笑)



2次会はもんじゃ焼き~!


[PR]
by crab2003 | 2012-08-31 17:00 | 旅・温泉・ホテルのこと | Comments(2)

ひまわり Photographed by 次男



次男が何かの付録でついてたフォルムカメラで撮った写真たち













ぼけた写真が多かったけど、それはそれでヨシ
[PR]
by crab2003 | 2012-08-29 14:00 | Comments(2)

富士山


登山翌日の富士山。

だいたい、下山後に富士山の全貌を見ることは今までなかった。
天気が悪かったり、大きく雲がかかったいたり・・



河口湖畔から富士山は雄大で力強かった。
[PR]
by crab2003 | 2012-08-29 13:56 | Comments(0)

富士急ハイランド

富士登山から下山後、その夜は河口湖近くの民宿に泊まった。

さすが標高が大会だけあって、朝晩は涼しい。エアコン要らず。

民宿って子どものときの家族旅行以来かも。
民家の2階で、親戚のおばちゃんの家に泊まりに来た感じ。
3人とも疲れていたので、お布団でぐっすり眠れました。

翌日は予定になかった富士急ハイランド
長男は3歳くらいのときに行ったきり。次男は初めて。
CMで見て、次男はずっとここに行きたいと行っていた。
まぁ、登山をがんばったからご褒美ということで。


で、とくに次男は絶叫系が大好き。

最初は、高飛車へ。
私は怖いのでパス(笑)





平日とは言えまだ夏休み。
人気アトラクションは1時間、2時間待ち。
有料の優先券(TDRのファストパスみたいなの)が1回1000円するんだけど、早く帰る必要があったので使ってみた。
ここでも時間をお金で買う世界なんだなぁ

私はFUJIYAMAだけ乗りました。
それでもけっこう高低差があり怖かった~
降下する時に、何度かお尻が浮いたからね。

ドドンパやええじゃないかに乗って、2人とも満足。

「ゲゲゲの妖怪屋敷・妖怪小噺」は想像していたのと違って拍子抜け。
子ども達は入るまでビビってたけどね。

いつか「最恐戦慄迷宮(病院のお化け屋敷)」と、なかなか脱出できないという「絶望要塞」にはチャレンジしてみたい。
[PR]
by crab2003 | 2012-08-23 10:00 | 子連れお出かけスポット | Comments(2)

子連れ富士登山2012(6) 吉田ルート 山頂

子連れ富士登山2012(5) 吉田ルート 本八合目~九合目~山頂




1:35pm
標高3715m

やっと山頂へ到着!
やった~今年も登りきった!








疲れたね~



いろはすは頂上では500円です。





富士山の火口

まだ雪が残ってるところもある。





2:20pm
標高3715m

さぁ、これから下山開始






登りはほとんど無口だった長男。

登頂後はすっかり饒舌になりました^^


やっぱりまだ頭痛がするみたい。

でも後はひたすら下りるしかない。



下りは砂道をひたすら歩く。

足をブレーキ替わりにしながら歩くから、ふくらはぎや太腿に負担がかかる。

私は下りが大嫌い。

帰りは楽だろう思っても、歩いても歩いても道が続く・・





















6:10pm
標高2305m

富士スバルライン五合目に帰ってきました!



初めての吉田ルート。

ほんとに天気に恵まれたのでラッキーだった。
歩きやすさは、天候に大きく左右される。

次男は何人かの年下の子どもに追い抜かれた。1年生くらいの女の子もいた。
体重が重いから、こういう登山は向いていないのだろう。
でも気持ちはしっかりしていた。
辛さを乗り越えようとする姿は逞しさも感じた。
よくがんばった。

長男はさすが体力がついてきたなぁ、と思う。
下山後もほとんど筋肉痛は無かったみたい。
こっちは2日経ってからじわじわと痛みが^^;

結局、登りは9時間45分。(標準モデルは7時間30分)
下りは3時間50分。(標準モデルは3時間50分)

まぁ、ほぼ計画通りにいったかな。


ご来光と登頂の達成感。
3人一緒に頑張ったこの1日はかけがえのないものになった。


(子連れ富士登山2012終わり)
[PR]
by crab2003 | 2012-08-22 13:35 | 子連れ富士登山 | Comments(4)

子連れ富士登山2012(5) 吉田ルート 本八合目~九合目~山頂

子連れ富士登山2012(4) 吉田ルート 八合目~本八合目



10:15am
標高3350m

本八合目に到着。


だいぶ山頂が見えてきた。

途中、次男は一度だけ「もう下りたい・・」と言ったが、それでもがんばると登り続ける。






この辛いときに一番元気付けられたのは、ママが作ってくれたおむすび

頂上で食べようと3人で決めていたが、気持ちが折れそうになったのでママからパワーをもらうことに。

1個づつ食べてパワーアップ!



でも、眠いものは眠いんだ

このあたりはぐっとペースが落ちる。

休憩をマメにとった。








0:50pm
標高3580m

九合目。山頂までもうすぐ





九合目も過ぎてラストスパ―ト。


ここが一番キツイ。

傾斜もある。疲労もピーク。酸素も薄い。

10メートル歩くたびに休憩。


ここから次男のペースがあがった。

やはり山頂が近くに見えてくると、気持ちが違ってくる。

根性見せてくれました。
[PR]
by crab2003 | 2012-08-22 10:15 | 子連れ富士登山 | Comments(2)

子連れ富士登山2012(4) 吉田ルート 八合目~本八合目

子連れ富士登山2012(3) 吉田ルート 七合目~八合目




8:15am
標高3020m

八合目に到着。

山小屋「太子館」

聖徳太子が馬に乗り富士山に登った時、休憩した場所がちょうどこの場所であった」という伝説に由来しているとのこと。

先日のテレビ番組「おじゃマップ」でも紹介されてました。
香取くん、ザキヤマ、萬田久子さんが登ってましたね。



まだまだまだまだまだ先は長い。



ペースは予定より遅めだけど、またいい感じ






とにかく天気が良くって、日差しも強い。

長袖1枚で大丈夫。





景色がどんどん変わっていくから飽きない。

辛くなったら、後ろを振り向いて景色を眺める。

どんだけこの景色に助けられたことか。




見かねて手を貸すお兄ちゃん




腹痛が治まったと思ったら、頭痛が・・

がんばるというから続けた。

でも、表情見ると辛そうで。


[PR]
by crab2003 | 2012-08-22 08:15 | 子連れ富士登山 | Comments(2)

子連れ富士登山2012(3) 吉田ルート 七合目~八合目

子連れ富士登山2012(2) 吉田ルート ご来光~7合目

6:10am
標高2700m

七合目に到着。

金剛杖に焼印を押してもらいました。200円ナリ

ちょっと半べそ




七合目あたりから岩道が続く。

このあたりは山小屋が多く、休憩にはちょうどよい。







口数が少ない次男。


長男は自分のペースで登る。

先に行って、山小屋で待ってるパターン。

我々が着いた頃、長男はだいたい眠ってました(笑)




睡魔とも闘わなければならない。



「ここ登るのかよ~(+_+)」



険しい表情が続く

そして無口


[PR]
by crab2003 | 2012-08-22 06:10 | 子連れ富士登山 | Comments(2)

子連れ富士登山2012(2) 吉田ルート ご来光~7合目

子連れ富士登山2012(1) 吉田ルート 五号目~




あぁ~

やっと太陽が登り始めた!




どの登山者も足を止める時間です。




素晴らしい光景

これを見るために富士山を登ると言っても過言ではないかも。

いつか山頂でご来光を拝みたいと思う。




しかし、次男は早くもお疲れ気味。




ゆっくりペースで休憩を取りながら登る。



ちょっとお腹が痛かったみたい。



また休憩

まだまだ先は長い




[PR]
by crab2003 | 2012-08-22 05:00 | 子連れ富士登山 | Comments(2)