<   2011年 06月 ( 11 )   > この月の画像一覧

The MODS@日比谷野音 30th Anniversary


ドラマー梶浦が脱退して初めての野音。つまり若きドラマー佐々木周にとっても初野音

伝説の雨の野音と言われるライブがある。
29年前の6月20日。THE MODSはデビュー1周年のライブをここ日比谷野音で行った。
だがその日、記録的豪雨に見舞われた。それでもライブは続いた。
ほとんどの機材が水浸しになる中、ドラムとボーカルと会場からの声だけのTWO PUNKSは、ある意味THE MODSの原点のひとつとなったのだろうと思う。

2011年の野音も天気はぐずついたが、演奏中は雨は降らず。
爽やかささえ感じる空気の中、30周年のAnniversaryの”ヤオン”は始まった。



5月からモリヤンの体調の理由でライブの延期が続いていた。
このヤオンも開催が危ぶまれたが、なんとか幕を開けた。
ステージに登場し歌いだしたモリヤンを見てホッとしたのと、その姿にちょっと感動。

MCでは弱気な発言はあったものの、ダンスのキレは抜群だし歌は相変わらず上手いし。

シャレたクツの下に~COME ON DOWNあたりはかなりヒートアップしていたなぁ。自分が。

Counter Actionを期待したが、残念ながら演奏せず。



モリヤンが言うように、30年歌い続けてきたロッカーの前には、同じく聴き続けてきたたくさんのロック好きがいるんだと思う。

30周年にふさわしいライブだった、ハンドもオーディエンスも。
ラストのLOOSE GAMEで「最後の野音になるかもしれないから」というメッセージの真意はわからないが、涙がこぼれてきた。



Let's Go Garage
MAKE SOME TROUBLE
TRUST ME
壊れたエンジン
STORY
BACK TO ALLEY
HAIL HAIL ROCK&SOUL
RIGHT TIME RIGHT WAY
T-O-K-Y-O アイランド
TRUMP
JUST SAY FUCK NO
LIVE WITH ROCK'N'ROLL
EVERYBODY LOVES SOMEBODY
シャレたクツの下に
COME ON DOWN
------
a Song
LET'S GAMBLIN' TIME
LONDON NITE
------
ROCKAWAY
TWO PUNKS
不良少年の詩
------
他に何が
NAPALM ROCK
------
LOOSE GAME
[PR]
by crab2003 | 2011-06-26 20:00 | 音楽のこと | Comments(2)

1日遅れの夏至のキャンドルナイト



1000000人のキャンドルナイト

「でんきを消して、スローな夜を」

本当は夏至の昨日やるはずだったんだけど、急遽飲みの予定が入ってしまったため1日遅れで^^;

読み返してみると、我が家のキャンドルナイトももう4年目に

2008年の夏至
2008円の七夕
2009年の夏至
2010年の夏至
2010年の七夕

今年は計画停電が何回もあったので、もうすっかり慣れっこ。

こどもたち遊び気分だけど、なんとなくこのイベントの意味も理解しはじめてるみたい。



8時スタート

しかし、かみさんと長男はすぐに寝てしまった・・

その長男が夏に作ったキャンドル



ふたりだけ起きてスローな夜を過ごす



ろうそくの灯りが弱いの本はちょっと読めないな



次男とじゃれて遊んだり



気になる女の子の名前を聞きだそうとしたり



学校でのできごとを聞いてみたり



将棋やオセロゲームやったり

将棋は負けてしまった・・・・



ふたりでアイスキャンディーを食べたり




今年も静かな灯火のもと、スローな夜を過ごしてみました
[PR]
by crab2003 | 2011-06-23 23:01 | 家族のこと | Comments(6)

釜石から叔母がやってきた

月曜日

釜石の避難所で暮らす叔母が両親の家にやってきた。

京都で3泊した後に寄ってくれた。

銀座にある『いわて銀河プラザ』でちょうど釜石フェアをやっていたので、
海宝漬、浜千鳥、塩うに、釜石ラーメン、魚の干物、塩からなど買い込んだ。
さながら釜石祭



叔母は姉(私の母)とは半年ぶりの再会。
しばらく二人だけで話していた。
亡くなった妹のこと、釜石のことをきっと報告していたのだろう。

実家でたらふく海の幸を頼んだ後は、かみさんや息子達、義妹と姪は先に家に帰した。

そこからが本番(笑)

父と叔母と3人で近所の居酒屋へ。

カウンターに3人座り、酒を飲み続けた。
父はずっとカラオケを歌っていたなぁ。
私もかな~り飲んでふらふら。

でも、叔母とこうやってお酒が飲める日がやってきたのは素直に嬉しい。

釜石で居酒屋を再開すると強い決意で語ってくれた。


神奈川新聞に連載された記事をのコピーをもらった。
私が4.11に釜石で叔母に再会したときに一緒にいた新聞記者の記事。
震災後の様子がよくわかる。
忘れていけない。

"復興"釜石新聞



神奈川新聞より




[PR]
by crab2003 | 2011-06-20 23:00 | 震災・被災地支援のこと | Comments(2)

父の日でした


父の日でした。

家族からプレゼントをもらった。

ビールでした^^

数年前にもらったビールを3年くらい空けずに放置したこともありましたが、今回は飲みます!



長男からは「土日・会社が速い(早いだからね)時はマッサージしてあげるね」、って

よろしく頼むぞ~

ほんと最近はマッサージが上手で気持ちいい



そして、次男からのメッセージかな?



開いてみると・・・



字も上手になってきたなぁ。


その日の夜、疲れた体で布団に横になり、長男にマッサージをしてもらった。
そのまま夢の中へ
[PR]
by crab2003 | 2011-06-19 22:00 | こどものこと | Comments(4)

佐野元春@東京国際フォーラム 30周年アニバーサリーツアーファイナル "All Flowers In Time"

同じタイトルの記事が続きますが間違いではありません(笑)

佐野元春デビュー30周年記念ツアーファイナル2DAYSの二日目。
本当の最終日。

未成年は4000円が返金されるニューエイジキャッシュバックというものがある。
全日の公演ではたくさんの親子が並んでいた。
なんか嬉しかったなぁ。

長男に一緒に行く?と聴いてみたら「行かない。小田和正なら行く」と。
で、次男に聞いてみたら「行く!」って。でもチケットなかった(笑)

いつか息子と元春のライブに行きたいと思っているが、
『ロックンロールは親が与えるものではなく自分で見つけるもの』
と考えている。
誰かのライブを観にいきたいと言うようになったら、一緒に行きたいなぁ。
いつになるんでしょう。
AKB48に行きたいと言われない事を願ってます(笑)


朝から子どものラグビーの試合があり、会場の到着したのは開演予定の5分前。
急いで会場のエスカーレーターを上がると西本明氏が。
何回か目が合って握手をお願いしようかなと一瞬思ったけどやめました。
元春のライブで、西本明さんのピアノにも何度も酔いしれたからなぁ。
会場から一緒にお祝いできたのが嬉しい。

30列目くらいで後ろの方だったけど、前日の8列目より全然よい!
前日は前に背の高い人がいたせいもあるが、この日は全体を見渡せる。

4時開演ということで、なにか特別な演出があるのかと期待していた。
でも元春のことだから、きっと元春らしく土曜日と同じ内容になるんだなとも思っていたけど。

"有楽町で逢いましょう"&小芝居はありませんでした(意外)

幕が開いてオープニングの“CHANGES”

少し前の席に4歳くらいの男の子を連れたご夫婦がいた。
Happy Manの時、抱っこされたその男の子が拍手して元春の歌う姿を見てるんだよね。
微笑ましくて嬉しい気持ちになった。


最後の公演も3時間。
演奏して欲しい曲もあったけど、それでも中身のぎっしりつまった3時間。
席が後ろの方だといいことがあって、それはオーディエンスの様子が見えること。
ずっと元春を追い続けて、この会場に集まって、同じ気持ちで元春の曲をみんな楽しんでる姿を見るのが嬉しいんだ。

初めて元春のライブを見たときのような興奮と高揚感。
最高のロックンロールショーだった




そして、終演後の楽屋ではこんな光景が・・
ダディと元春の再会のシーンに涙 →伊藤銀次のブログより『Young Forever』

ロッキング・オンのレポートでもライブの様子がよくわかります。



さて、長い30周年記念イベントも終わりました。

次の元春はいつになるんだろう。
そろそろ新しいアルバムを聴きたくなってきたぞ(気が早い?)




ブログを始めてからのライブリスト
[PR]
by crab2003 | 2011-06-19 19:00 | 音楽のこと | Comments(2)

佐野元春@東京国際フォーラム 30周年アニバーサリーツアーファイナル "All Flowers In Time"

佐野元春デビュー30周年記念ツアー

ファイナルは、3/12,13のはずだった。しかも13日は元春のBirthday

しかし、11日にあの地震が起きてしまった。
記念すべきライブは延期となった。


ファイナルの大阪公演ではゲストがいっぱい来てお祭り的イベント

さて、この東京公演はどんな演出があるのだろうか?と誰もが思っていたはず。
大阪のようにゲストは?
震災のことについて何かメッセージがあるのか?
いろんな意味で楽しみにしてました。

国際フォーラムの会場に入ると、
あぁこのホールの感じいいなぁと思った。
淡い空気を感じる色合いと、横に長く美しい弧を描く座席
ファイナルにふさわしい

ここは有楽町駅からすぐ目の前
客電が落ちて、"有楽町で逢いましょう"が流れ出す。
1番だけと思いきやフルコーラス(笑)
そして曲の後に、なんやら男女の小芝居が流れる。少し懐かしめの映画のワンシーンのような。
その小芝居が元春と久美子の生声だったらもっと素敵だったのに、とチャーミングアイデアをメールで送ってくれた方に同感。

震災により3月に予定されていた内容からは変わったのだろうか。

Happy Manでは、初期の頃のライブの想いでが蘇る。気分が一気に高揚する。
Tonight、Come Shining、Complication ShakedownとアルバムVisotorsの曲が続く。
ライブでのCome Shiningが好き。あのリズムと降り注ぐ言葉に体が踊る。
あらためてVisotorsというアルバムの凄さを感じた。

途中、これまで携わってきた全てのミュージシャンに感謝の言葉を述べた。
思わず涙してしまった。
私からも「ありがとう」と言いたい。

ワルツ調のレインガールも素敵
そして、圧巻のロックンロール・ナイト。初めて元春を見たときを思い出す。
Dr.Kyonのキーボードも最高だしね。
そして、その曲ができた時のエピソードを語り始める元春。
ステージの上をくるくる歩きながら。
こんなに長く曲のことを話すのも珍しい。
そうSOMEDAY

本編最後は悲しきRADIOで〆て、アンコールはアンジェリーナ

とくに奇をてらった演出があったわけではない。
元春らしいファイナルだったと思う。

<<ザ・ホーボー・キング・バンド>>
古田たかし
井上富雄
Dr.kyOn
長田進
大井“スパム”洋輔※この1ヶ月で20kg痩せたとか!
佐々木史郎
山本拓夫
ゲスト:佐橋佳幸

01. CHANGES
02. 君をさがしている(朝が来るまで)
03. ハッピーマン
04. ガラスのジェネレーション
05. トゥナイト
06. カム・シャイニング
07. コンプリケイション・シェイクダウン
08. 99ブルース
09. 欲望
10. ナポレオンフィッシュと泳ぐ日
11. ジュジュ
12. 月と専制君主
13. レインガール
14. SPIDER CODE
15. ヤングブラッズ
16. 観覧車の夜
17. 君を連れてゆく
18. ロックンロール・ナイト
19. 約束の橋
20. ヤング・フォーエバー
21. ニュー・エイジ
22. 新しい航海
23. サムデイ
24. 悲しきレイディオ
--
25. アンジェリーナ


ずっと、ずっと、元春の音楽の聴き続けてきて心の底から良かったと思った。
生きる術をたくさん教わってきた。
迷った時どうするか、自分のその根底にあるものは、元春の音楽からたくさん学んできてるはず。
30周年おめでとう。そして、ありがとう。
[PR]
by crab2003 | 2011-06-18 21:00 | 音楽のこと | Comments(0)

氷室京介@東京ドーム 東日本大震災復興支援チャリティライブ


東日本大震災復興支援チャリティライブ
KYOSUKE HIMURO GIG at TOKYO DOME
"We Are Down But Never Give Up!!"


氷室京介の東日本大震災復興支援チャリティライブへ行って来ました。

歌うのはBOOWY時代の曲オンリー


このライブが発表された時、BOOWY再結成か!?と世間は騒ぎましたが氷室さんのツアーバンドで。

布袋さんはCOMPLEXでチャリティライブをやると。



まだ大学生だった頃、BOOWYの最後の東京ドーム2DAYSも行きました。
再び、BOOWYを歌う氷室さんのライブを見れるとは思ってませんでした。
チケット争奪戦も激しかったが、なんとか当選。
ドームの2階席だったけど、あの場所にいれただけで幸せ。

開演直前に黙祷
目を閉じると津波で押しつぶされた叔母のことを想い涙が流れる。

そしてステージは幕を開ける。

もう何度も聴いて歌ったDREAMIN’
感激の瞬間

ドームがうねる、ゆれる

5万人の大合唱

ヒムロックカッコイイ!!!

DREAMIN’からNO.NEW YORKまで、ドームは最初から最後まで最高潮のままだった。


1.DREAMIN’
2.RUNAWAY TRAIN
3.BLUE VACATION
4.ROUGE OF GRAY
5.TO THE HIGHWAY
6.BABY ACTION
7.JUSTY
8.Welcome To The Twilight
9.BAD FEELING
10. 16
11.LONGER THAN FOREVER  
12.MEMORY
13.B・E・L・I・E・V・E
14.季節が君だけを変える
15.B・BLUE
16.MARIONETTE
17.PLASTIC BOMB
18.DOWN TOWN SHUFFLE
19.BEAT SWEET
20.RENDEZ-VOUS
21.ONLY YOU
22.IMAGE DOWN
<アンコール>
23.ON MY BEAT
24.ホンキー・トンキー・クレイジー
25.NO.NEW YORK 


夢のような1日だった

このステージの準備も多くの無償提供やボランティアで成り立っていると言っていた。

その想いが被災地に届くはずだと信じている。





写真は当日のライブのものではありません。




どこかで観ていただろう松井常松さんのライブ後のコメントがいい。



BOOWYを歌う氷室京介は、
何年経っても、
何歳になっても、
せつないまでに、あの頃のままだった。

素晴らしいステージ、
そして、素晴らしい時間でした。





このライブの模様がオンエアーされます。


6月17日(金)23:58より
日本テレビ系全国ネット「NEWS ZERO」にて特集オンエアー
「震災復興支援チャリティライブ&ドキュメンタリー」
*放送の内容に変更がある場合があります。


6月17日(金)深夜25:53より
日本テレビ(関東ローカル)
氷室京介 × NEWS ZERO 特別版「氷室京介 震災復興支援ライブ 11万人2101人の3.11 」
被災地に向けて、復興支援に向けて、氷室の思いに賛同したスタッフ、オーディエンス11万人の
“VOICE"を中心に構成されたライブ&ドキュメンタリー番組のオンエアーが決定!!
[PR]
by crab2003 | 2011-06-12 19:00 | 音楽のこと | Comments(4)

鎌倉での紫陽花の会へ


鎌倉での紫陽花の会におじゃましてきました。




mikiさんは前回の筍の会で集まった支援金をmikiさんの故郷でもある花巻まで赴き、現地で支援に携わってる方に託してきました。

今回はその続きで紫陽花の会。



花巻から送られてきた打ちたての蕎麦をいただきました。
蕎麦って美味しいのとそうでないのってはっきりしますよね。
いただいたお蕎麦、本当に美味しかった。
花巻の『嘉司屋』の生蕎麦は美味しい。

それとmikiさんのお料理もとっても美味しかった。



いろんな方が集まり、震災のこと、日本の将来のこと、政治家のこと、岩手のこと、ラグビーのこと、サッカーのこと・・
いろんな立場でいろんなお話しや意見が聞けて実のある時間でした。
みんなが望んでることは同じなんだな、とも思いました。


帰り道、小川に蛍が舞ってました。
そっと若い娘さんの手のひらに。
[PR]
by crab2003 | 2011-06-11 17:00 | 震災・被災地支援のこと | Comments(9)

クレソンご飯が美味しい


美味しい(粉末の)だしをいただいたので、それを使って久しぶりに料理

必然的に和食となります。


だし巻き玉子






ナスのたたき





白身魚のお吸い物




ステーキの肉じゃが




クレソンご飯

クレソンとダシの粉末をまぜて、熱したごま油をかける。で、ご飯と混ぜて出来上がり。
今日のメニューで一番のヒットはこれかな。
あっさりしていて美味しかった!




で、恒例のかみさんの評価は、73点

本人曰く「どれも美味しい」
でもこの点数
相変わらず辛口の点数だなぁ・・・

こどもたちは、美味しいって全部食べてくれたからヨシとしましょう^^
[PR]
by crab2003 | 2011-06-09 23:23 | 飲む 食べる&料理 | Comments(8)

久しぶりの試合



なんか次男はものすごい久しぶりの試合かも

2年生チーム



FWやりました。
ひとりスクラム



相手の子のタックルが上手で、なかなか思うように攻めることができない



次男の2トライのみで、大差で負けた。





ナイスタックル



もっと、もっと試合がしたい。





そして6年生。

長男はなれないSHで出場

無難にこなしていたようだが・・



1トライを争う接戦



最後の5分が勝負だった。

これで勝てないのは何かが足りないということ。

練習積んでもっと強くなろう
[PR]
by crab2003 | 2011-06-05 10:00 | ラグビーのこと | Comments(0)