<   2007年 08月 ( 45 )   > この月の画像一覧

train ticket


こちらのチケットもゲット







「世界の車窓から」的体験ができるのでしょうか^^
[PR]
by crab2003 | 2007-08-31 21:51 | 子連れでパリ・ボルドー | Comments(6)

ticket

DHLで送られてきました。



まだ一ヶ月も先だけど、すっごく楽しみです。



予選プール最終戦です。
きっと満身創痍の状態で望む試合になるでしょうが、がんばってほしい。
[PR]
by crab2003 | 2007-08-31 21:30 | ラグビーのこと | Comments(6)

ラグビーワールドカップ・フランス大会開幕まであと8日


ラグビーワールドカップフランス大会開幕まであと8日。

大畑(神戸製鋼)、帰国したそうです。
断裂した左アキレスけんを手術したとのこと。

ワールドカップ本番前の25日の最後のポルトガルとの練習マッチで、左足アキレスけんを断裂してしまった。
1月に断裂した右足のアキレスけんを手術してから、必死のリハビリでここまで回復し復活してきた。
若い選手の精神的な支えにもなっている大畑は、ジャパンにとってとても大きな復活であった。
しかし、最後の最後になって、この怪我‥
かける言葉もみつからない。
チームにとっても大きな損失だろう。

ずっと10番でプレーしていた安藤も怪我。

ジョンカーワンHCにしたら、大きな誤算だろう。
しかし、ラグビーは怪我のリスク抜きには語れない。
そういうスポーツだ。

ラグビーワールドカップ・フランス大会開幕まであと8日。
優勝争いも気になるが、まずはジャパンが世界にアピールする試合を期待している。

今大会は地上波では、日本テレビ(意外!)が中継します。

9月8日(土)15:00~16:00
「ラグビーワールドカップ開幕!日本代表の凄さ・強さすべて見せますSP」

●日本代表戦
9月8日(土) オーストラリア vs 日本 24:05~26:05
9月12日(水) 日本 vs フィジー 24:56~26:56
9月20日(木) ウェールズ vs 日本 27:55~29:50
9月25日(火) カナダ vs 日本 24:56 ~26:56
●決勝トーナメント
10月6日(土) 準々決勝(Match#41) 24:50~26:50
10月13日(土) 準決勝(Match#45) 05:00~07:00
10月20日(土) 決勝 05:00~07:00
解説:清宮克幸(サントリーサンゴリアス監督)
実況:鈴木健(日本テレビアナウンサー)
リポート:中野謙吾(日本テレビアナウンサー)
●ワールドカップハイライト
9月9日(日)、16日(日) 24:35~24:45
9月22日(土) 16:00~16:55
9月23日(日) 25:05~25:15
9月30日(日)、10月7日(日)、14日(日)、21日(日) 24:35~24:45

もちろんJ Sportsでは全試合中継です。



普段ラグビーを見ない方もぜひ日本代表に声援を送ってください。
[PR]
by crab2003 | 2007-08-30 23:12 | ラグビーのこと | Comments(2)

雨でお迎え

昨日の帰り、かみさんに電車の中から、

件名:下手こいた~
orz やべっ、会社に傘置いてきちゃった。

とメールを打った。

長男が駅まで半ズボンに雨合羽着て、傘を持って迎えにきた。
ニコニコするその姿が妙にかわいくて(笑)

短い距離だけど、夜に一人でお出かけして長男も嬉しかったんじゃないかなぁ。

まっすぐ帰るはずもなく、本屋に立ち寄って、スーパーでお菓子買って帰りました。

自分の父親は車で通勤していたのでそんな経験はないが、こどもに迎えにきてもらうのもちょっと楽しいね。
[PR]
by crab2003 | 2007-08-30 10:45 | こどものこと | Comments(6)

富士登山(11) 次の目標




足りない焼印は、次の目標。





次男に頂上のポストから手紙を送ろうと思ったんだけど‥
まぁ、弟の字間違えてるから、出せなくて正解か。
それまで、きちんと弟の名前が書けるようになろうね(笑)



天気が良かったのはホントラッキー。
登山のコンディションとしては最高だっただろう。

しかし、深夜出発で日帰りだった今回のスケジュールは、小学生には負担が大きすぎた。
やはり途中の山荘で一泊すべきだったのだろう。

せっかくトレッキンググッズを揃えたし、また来年にでもどっかの山を登ってみようと思う。
長男は何て言うかわからないけど(笑)

日本一の富士。
やっぱり一度は山頂に立ってみたいよね。
[PR]
by crab2003 | 2007-08-26 10:00 | 子連れ富士登山 | Comments(8)

富士登山(10) その後



そのまま予約していた下部温泉のホテルに移動。

ご飯食べて、お風呂入ったら、もう布団で熟睡。

富士山の山荘のトイレは有料。200円です。
子どもたちは旅館のトレイでも200円を払おうとしてました(笑)

長男は、しっかりエンタの神様を見てから寝たようだ。
なんだかんだ言って、こどもは元気やなぁ。

登り始めたのは深夜。下山したときはもう夕方。
翌日はもやがかかって、富士山を拝めることはできなかった。
せっかく登った富士山を、外から見ることができずちょっと残念。
気まぐれな富士山だなぁ。
でも、登ったときはすごく天気がよくて。ありがとう。


登った富士山が見れなかったので、かわりにキャンディのお土産。
人口着色料使いまくりの、体に悪そうな色使い(笑)



「やっぱり富士山頂まで行かないと、登ったって感じがしないね」
「あぁ。山頂まで行ってないのに、登ったとは人には言いにくい(笑)」
「会社に人に言っちゃったよ~」
「わはは」
大人はこんな会話をしていたけど、こどもたちは本当にがんばった。
これで少しは成長したかな?

「また、富士山に登ってみる?」と聞いても返事は「もう、嫌だよぉ」。




「なぜ山に登るのか?」「そこの山があるからだ」という名文句がある。

長男から何度か「ねぇ、どうして山に登らなくちゃいけないの?」と聞かれた。
それも辛そうな顔をして。
パパはきちんと答えられなかった。答えを用意してなかった。
「富士山に登るって約束してでしょ」としか言えなかった。
ちょっと自分が情けなかった。

一歩一歩大地を踏みしめたこの経験は、本人の気づかないところで力になってるはず。
[PR]
by crab2003 | 2007-08-25 21:00 | 子連れ富士登山 | Comments(2)

富士登山(9) 下山




下りも結構きついです。



そして長い!

下りても下りても、ゴールは見えません。

よくぞ、ここまで登ってきたなぁと思いながら下りました。

また長男はベソかいてた。
終いには「早く帰りたい。こうちゃんに会いたいよ~」と泣き出す始末(笑)

ちなみに、泣いてる子なんて他にはいませんから。
一緒に行った1年生のIくんなんか、ニコニコしながら歩いてるのに。
まぁ、しょうがないですね。

4:20pm

ようやく新五合目に戻ってきました。

足が棒って、このことを言うんだとわかった。
[PR]
by crab2003 | 2007-08-25 16:00 | 子連れ富士登山 | Comments(0)

残念無念

a0000912_13192865.jpg

富士山最高峰3776m登頂にチャレンジしましたが、8合目で下山することに。

でも長男頑張ったよ(^-^)/
泣きながら(笑)

しかし予想以上にきつかった~
[PR]
by crab2003 | 2007-08-25 13:19 | 子連れ富士登山 | Comments(24)

富士登山(8) 八合目


11:05am
八合目到着。
標高3,250メートル。

頂上にも鳥居があるらしいが、八合目のすぐ上にも鳥居がある。
まだまだ頂上への道は続く。



長男も僕も睡魔に襲われ、ひと眠り。



30分ほどだろうか。日差しが強くて熟睡はできなかったが、眠った。

長男を起こすと、登る姿勢を見せてくれた。

九合目に向けて歩き出す。

しかし、ここもきつい。

しばらく登って時間を確認すると1時近い。
下山のことを考えると、頂上までは到底無理だ。

ここで、登るのをあきらめた。

12:56pm

僕と長男の富士登山は、約3,300メール地点で折り返すことになった。
「もうここで下りるよ」の言葉に安堵の表情を見せる長男。
まだ長男は下りの辛さを知らない(笑)


[PR]
by crab2003 | 2007-08-25 12:00 | 子連れ富士登山 | Comments(0)

富士登山(7) 元祖七合目~八合目


8:50am

元祖七合目。標高3,010メートル。



「富士山なんか登るんじゃなかったなぁ‥‥‥‥」
背中から後悔の念が伝わってきます^^;



でも。がんばる。



七合目~八合目は、傾斜もきつくなってくる。



10:21am

この辺りでは、10メートル歩いて2分休憩というかなりのスローペースになってきた。

疲れもあるし、暑い。
それに酸素が薄いせいか、すぐに息が切れる。
大人の我々も、かなりきつくなってきた。

彼がどんな気持ちで、どんなに辛い思いで、この山に登っているかはわからない。
何度か「もう、ここでやめようか」と言ってあげたかった時があった。
不満を口にしながらも、着いてきてくれた。
その一生懸命に山を登る長男の姿に、2度ほど目頭が熱くなってしまった。



八合目の山荘が見える。
もうひと息。


[PR]
by crab2003 | 2007-08-25 09:00 | 子連れ富士登山 | Comments(0)