<< HOLGA! #hokutosei 餅つき >>

伊藤銀次@横浜THUMBS UP




今回のツアーは、『I STAND ALONE』と題して、アコギ1本でのライブとなってます。
HPでリクエストも募ってましたが、私のリクエストした曲は残念ながらスルーされました(笑)

アルバム発売時に1度きりだけ演奏した曲をやったり、
カルテット(バイオリン、ビオラ、チェロかな)をバックにビートルズの曲を演奏したり、
銀次がこれを聴いて日本語ロックに目覚めたという、はっぴいえんど(レコード発売停止など、話題としては微妙なタイミングでしたが)の曲や、
「僕はやっぱりナイアガラファミリー(大瀧詠一、山下達郎と「Niagara Triangle vol.1」を製作)」なんだなぁの曲をやったり。
カルテットとアコギの組合せって、なんかいいね。
情緒あふれる景色を想像させられる。

他にも突拍子も無い企画もあって(まだツアーは続くのであえて書きませんが)、予想に反してなかなか中身の濃いライブ。



過去10年くらいプロデュースの仕事ばかりして、唄うこと、そしてライブをしなかったことを後悔している、と話していた。
今年はライブも精力的にこなしていくとのこと。
ライブ終了後、CDのサインをもらって握手してTHUMS UPを後にした。

元春と再び共演してほしいなぁ~
[PR]
by crab2003 | 2009-03-01 21:00 | 音楽のこと | Comments(2)
Commented by blue_koichiro at 2009-03-03 10:44
ライブは良いですよね、聴くのも演るのも。
そしてそう、、プロデュースに回っちゃってライブから離れちゃっている優秀なアーティストの皆さん、どんどん戻ってきて欲しいですよね。
Commented by crab2003 at 2009-03-03 22:12
★blue_koichiroさん、
やっぱりライブは良いですよ。ミュージシャンも絶えず聴き手とコミュニケーションを取ってると感性も磨けるのではないでしょうか。
<< HOLGA! #hokutosei 餅つき >>