<< Nicolas FEUILLA... フローズンショルダー その後 >>

The MODS + SHU@渋谷C.C.Lemonホール


THE MODSの『SPEAKEASY(モグリ酒場)』ツアー

リリースされたばかりのアルバム「MOONSHINER(密造者)」をひっさげてのこのツアー。
「MOONSHINER」はいつものぶっとんだ激しい曲は少なく、スローテンポの落ち着いた曲ばかりのアルバム。
珍しくピアノを入れての曲も多数あり、クリスマスソングもある。

そういうこともあってか、今回のホール(座席指定)でのライブツアーなのだ。
東京はここC.C Lemonホール。
渋公では、HANDS UPツアーで客がイスを壊して2年間出入り禁止になった、なんて話も飛び出した。

前から5列目(ライブハウスならこのくらいの近さは普通なんだけど)ということで、苣木のギターパフォーマンスがよく見えてよかったなぁ。
苣木のギターは、ほんとカッコイイ。
私が知ってる中では、一番好きなギタリストだ。
苣木がボーカルをとる「Work Hard & Little Pay」も大好き。

最初はアコースティックギターでモリヤンも苣木もキーコも座りながらの演奏。
モリヤンと苣木のギターがいいメロディーを奏でている。
こういうスタイルは、ギター、ベース、ドラム、そしてモリヤンのセクシーな声が、それぞれのダイレクトに伝わってくる感じで、THE MODSというバンドの懐の深さを感じた。
やっぱりこのロックバンドはすごい。

元アイドル(笑)の藤井尚之もサックスで登場。

アンコールでは「Christmas Time」♪
きっと、ナマで聴く今年唯一のクリスマスソングかもしれない。
それがTHE MODSのクリスマスソングってのもこの不景気にはいいかもね。意味不明(笑)

でも、やっぱりいつものスタイルで、飛んで跳ねてこぶしを挙げて、じゃないと。
「GANG ROCKER」で会場は一気にヒートアップしていた。

そんな演奏を見ていて、もし、もし、もし、梶浦が戻ってくるようなことがあっても、梶浦の居場所はもう無いと感じた。
だってSHUのドラムを叩いてる姿を見たら、すっかりはまってるんだもん。

そんは風に思っていたら‥

モリヤンから報告があると。

「このツアーを終えてから、SHUを正式にTHE MODSのメンバーとすることを考えている。このツアーでSHUがそれに見合う演奏をして、みんなが受け入れてくれたら。もしそうなら、ツアー終了後に何らかの形で発表する」と。

大きな拍手と「SHU~」とたくさんの声援があった。
まさかこんな発表があるとは‥

そして「TWO PUNK」へ。
涙がこぼれました。SHUも泣いていたかもしれません。
弱冠23歳の名も無き若きドラマーSHUがサポートドラマーとして加入してから、ライブ会場で、メディアを通じて彼の活躍や苦労を見てきてだけに、なんだか泣けてきた。
長年のファンは梶浦への思いも強いだろうけど、私は嬉しかった。

そしてスローなピアノで始まる「LOOSE GAME」

「TWO PUNK」~「LOOSE GAME」は、これ以上にない流れです。最高です。

最後は「Let It Glow」で。

しばらくライブはやらないみたい。
思わず残りの長崎と福岡のライブの日にちをチェックしてしまった。行けるかな?と思ったりもして(無理)

正式にSHUがメンバーになってからのツアーが楽しみだ。
[PR]
by crab2003 | 2008-12-17 21:30 | 音楽のこと | Comments(2)
Commented by hp-amg2 at 2008-12-18 11:27
やはり行ってこられましたか
詳しく書いてくださっているので
今年のツアー参加できない私ですが
おかげで少しはそのライブが見れたような気がしてます(妄想)
ありがとうございます
だけど、でも、やはり、肌で感じた方が最高ですけどね(何でも・・・)
Commented by crab2003 at 2008-12-18 22:19
★hp-amg2さん、
もっとうまく記事をかければいいのですが‥スミマセン
実は行くのを迷いました。やっぱり行ってよかった。
来年の後半くらいに全国をまた回ってほしいですね。
<< Nicolas FEUILLA... フローズンショルダー その後 >>