<< 大人になるって悪くないっすよ、... 次男の試合デビュー >>

佐野元春@神奈川県民ホール

窓の外には可憐な花嫁。



日曜日の横浜。
ストロベリーモカをお供に、Partyが始まるのを待っていた。



しばらくすると、daisymoonさんとhappyちゃん登場!
母娘で元春のライブを楽しんじゃうなんて素敵ではないですか。
本ツアー初参加のdaisymoonさんのはやる気持ちを察しつつ、いろいろとお話を聞かせていただきました。
元春とのツーショットの写真が羨ましかったなぁ。
もちろんその頃はデジカメもなく、ネガからおこしたその貴重な画像をipodで見せていただきました。
happyちゃんもおじさんの話につきあってくれてありがとう。

ほどなくすると、元春を入り待ちして見事に声をかけることができたという興奮気味のayu and her friendもやってきた。
みんなでParty会場へ向かう。
ちょうどその90分前に元春に遭遇したという駐車場で、その一部始終を解説してもらった。
入り口前はすごい人。みんなPartyを楽しみにしてい表情で満ち溢れていました。

Partyは6時に始まった。

僕自身は"Sweet Soul, Blue Beat" ツアーの初日の伊勢原公演に引き続き、この神奈川県民ホール。

いつもMCでその話をしてくれるが、ここ横浜は元春の思い出の地でもある。
ラジオとTVKで育った僕も元春と一緒に感慨深い気持ちになった。
僕が学ラン姿で初めて元春のライブに行ったのもここ横浜。
25年前の2月だった。
あの横浜スタジアムMeetingももう20年前なんだなぁ。

多くの人が集まった。
ほんとうにいろんな世代の人たちが。
もちろん30代・40代が多いんだけど。

いろんな世代が一つになれる時間・空間ってそんなにあるわけではない。
元春が言うようにすごく大事で刺激的なことだ。


「次の世代に残せることは何だろう。僕は"希望"だと思う。」と最後に話してくれた。
この会場で元春の唄をたくさん聞いて、最後に聞いたこの言葉に感動した。目頭が熱くなった。

僕がどのくらい「希望」を残せるかわからないけど、こどもたちに「希望」を残すためにどう振舞うかを心の中に留めてこれからの時間を過ごしていきたいと思った。









最近、元春のライブに行くと最後に出る言葉は「ありがとう」



コーラスのTTシスターズのお2人もだんだんこのバンドにはまってきました。
[PR]
by crab2003 | 2008-02-17 22:00 | 音楽のこと | Comments(6)
Commented by soulwriter at 2008-02-18 23:43
crabさん、僕らは元春世代でよかったですね。
つくづく、そう思います。
自分たちのやり方で、「希望」を。
心に深く刻んだメッセージでした。
毎日、元春のライブがあればいいのに…。
NHKホールで会いましょう!
Commented by crab2003 at 2008-02-19 06:27
★ももぱぱさん、
ほんと良かった。出会えてよかった。
元気をもらいました。
いつもタフでクールでそしてヒューマンタッチなmotoのLiveは元気の素ですね。

Commented by readymade_ayu at 2008-02-19 08:24
(^_^)>> ayuです。すみません、おかまいもしませんで。
ちょっと恋わずらい気味ですが、次世代にチボーを残すために
仕事は頑張っています☆来週は名古屋遠征に行ってきます。
Commented by crab2003 at 2008-02-19 09:18
★readymade_ayuさん、
尾張名古屋で、でらはじけて恋わずらいを癒してきてください。
Commented by daisymoon at 2008-02-19 22:03 x
こんばんは。
はやる気持ちどころか、テンション上がりすぎの姿を
見せてしまってお恥ずかしいです。
「希望を残したい」なんて元春はやはりスゴイです!
私は「大好き!」の告白にドキドキでした。
Commented by crab2003 at 2008-02-19 23:06
★daisymoonさん、
そんなこと言ってぇ、いつもあのくらいのテンションなのでは?(笑)
あの「大好き!」にしびれた女性はたくさんいたでしょうね~

<< 大人になるって悪くないっすよ、... 次男の試合デビュー >>