<< 背番号2 電車 >>

佐野元春@東京国際フォーラム

「星の下 路の上」ツアーファイナルは東京国際フォーラム。

この日のLiveは『有楽町で逢いましょう』と銘打たれた。
フランク永井の『有楽町で逢いましょう』がかかると会場じゅうに拍手が(笑)

今夜は前から6列目とかなり良い席でした。
佐野さんやバンドメンバーの表情もよくわかる。
「今夜はストーンズではなく、こちらを選んで来てくれてありがとう」って^^

ちょうど前の席は、かなりご年配と思われる方でした。
ご夫婦だと思いますが、大学教授風の旦那さんとお上品な奥様。
年齢は55歳くらいでしょうか。
ずっと立ったまま手拍子をしてLiveを楽しんでおられました。
こういうファンもいるんだなぁと思い、嬉しくなり気持ちもいくぶん高まった感があります。

Openingの「アンジェリーナ」から80年代,90年代の曲が続く。
Album "Cafe Bohemia"がリリースされて20年ってことで、このAlbumからの曲も多かった。
もう20年かぁ‥

佐野さんが「とても好きな曲です。心をこめて唄います。」と「SOMEDAY」を唄う。
前のツアーから「SOMEDAY」の好き度が上昇中。

最後は涙ぐんでいたみたい。帽子でそっと表情を隠してましたけど。

今日も元気をもらいました。ありがとう。

数えきれないイタミのキス
星くずみたいに降ってくる
何も分けあえられない
何も抱きしめられない
でも今夜だけは
君と輝いていたい
That's meaning of Life


今夜はたくさんのKissが星くずみたいに降ってきました。



アンジェリーナ (Back To The Steet)
ぼくは大人になった (TIME OUT!)
COMPLICATION SHAKEDOWN (VISITORS)
Strange Days (Cafe Bohemia)
ハートビート (HEART BEAT)
99blues (Cafe Bohemia)
Individualist (Cafe Bohemia)
ナポレオンフィッシュと泳ぐ日 (ナポレオンフィッシュと泳ぐ日)
Rock`n Roll Night (SOMEDAY)
バルセロナの夜 (HEART BEAT)
Do What You Like~勝手にしなよ (Back To The Steet)
最後の1ピース (THE SUN)
観覧車の夜 (THE SUN)
君の魂 大事な魂 (THE SUN)
Wild Hearts (Cafe Bohemia)
ブルーの見解 (ナポレオンフィッシュと泳ぐ日)
悲しきRadio (HEART BEAT)
So Young (No Damega)
Raibow in my soul (Sweet16)
Young Bloods (Cafe Bohemia)
約束の橋 (ナポレオンフィッシュと泳ぐ日)
SOMEDAY (SOMEDAY)
NEW AGE (VISITORS)
国のための準備 (THE SUN)
星の下 路の上 [ゲスト登場]
HOBO KING BAND メドレー
彼女はデリケート (No Damega)
[PR]
by crab2003 | 2006-04-02 21:00
<< 背番号2 電車 >>