<< 恵比寿屋@江ノ島に泊まってみる(2) 江ノ島へ >>

恵比寿屋@江ノ島に泊まってみる(1)




宿は江ノ島にある「恵比寿屋
創業350余年という歴史のある旅館です。伊藤博文も泊まったとか。
ちょうど江ノ島の入り口に建ってます。

フロントには、てるてる坊主が置いてあり、好きなメッセージを書いてつるしておくことができます。
こういうちょっとしたサービスがいろいろあって、宿泊客を楽しませてくれるんです。
長男はさっそく

は れ ま す よ う に 
ゆ う た ろ う
こ う し ろ う
 
と書いて木につるしてました。次男の名前を書くことは忘れません(^^)



ちんちんまですっかり砂だらけになった子どもたち。
さっそく展望大浴場へ。
ガラス張りの窓から江ノ島海岸を一望できます。
長男の第1声は「きもちいいっ」
うん、うん、そうだよね。気持ちいいよね~
風呂好き男3人は、波乗りサーファーを眺めながら、心を体を癒したのでした。

残念ながら夜は寝入ってしまって入れませんでしたが、夜景もさぞかし綺麗なのでしょう。



風呂上りのさっそくビール。
やっぱり「江ノ島ビール」でしょう。
まろやかでフルーティ。夕暮れ時の海岸をつまみに、ホっと一息。

そして、畳の上に寝っころがる。
なんて幸せな気分なんでしょう。
落ち着くなぁ。
畳っていいですね。やっぱり日本人。



浴衣姿のコンパニオン次男が丁寧にビールをついでくれました。



ここの浴衣はこどもサイズをいろいろ取り揃えてあります。
次男くらいの大きさの浴衣は、旅館ではほとんど見かけたことがありません。
子連れにやさしい恵比寿屋はこんなかわいい浴衣も楽しめます。
長男のはトンボの柄。次男はカブトムシ。
長男はそれ見てすねちゃった(笑)
カブトムシが良かったみたいで「着ない」とごねる。
挙句の果てには「こうちゃんと同じじゃないと、手をつなげないよ~」と訳のわからんこと言い出すし。
まぁ、なんとか説得してやっと着てくれました。



夕ご飯まで時間があったので、下駄を履いてお散歩。
(汚い足ですみません‥)



あまり浴衣姿で歩いてる人もいないので、ちょっと恥ずかしい(笑)

サンセットには間に合わなかったけど、西にうっすらとまだ赤みを帯びた空を眺めることが出来ました。



夕食はもちろん、相模湾の磯料理のオンパレード!
生しらす、サザエ、あさり、のり、くらげ...
至福の時です。ビールも進んで上機嫌。
「旅館っていいなぁ‥」とつくづく思いました。





こどもたちは、夜遅くまで布団の上を走り回って遊んでました。

(続く‥)
[PR]
by crab2003 | 2005-09-04 06:29 | 鎌倉・江ノ島 | Comments(6)
Commented by ririko_karen at 2005-09-04 06:55
江ノ島にお泊りだったんですね~ ごく近です。w
Commented by apricot0113 at 2005-09-04 13:41
江ノ島にこんないい旅館があるなんて!
祖父母が茅ヶ崎に住んでいるので、
江ノ島に泊まるという感覚がとても新鮮に感じられました。
友達誘って行ってみようかなあ。
Commented by crab2003 at 2005-09-04 20:21
★ririko_karenさん、
カメラ抱えてる女性を見かけて、「あっ、もしかしてririkoさんかな?」って。
Commented by crab2003 at 2005-09-04 20:32
★apricotさん、
意外と江ノ島って泊まるって感覚がないのですが、こうやって1泊してゆっくりするのもいいのではないでしょうか。
江ノ島の入り口に最近できたスパもありますし、楽しめると思いますよ。
Commented by tookotooko at 2005-09-10 15:25
江ノ島ってそういえば泊まれたんだよね(笑)
なかなか素敵♡
近いから絶対に日帰りしちゃうけど、たまには良さそうね。
料理が美味しそう~

そうそう、言わなくても私が誰だかわかると思いますが(笑)
新ID取得しました。今後とも宜しくね。
Commented by crab2003 at 2005-09-11 20:26
★tookotookoさん、
やっぱり帰りのこと気にせず、ゆっくり飲みたいじゃなーい^_^
ちょっと贅沢気分でした。

<< 恵比寿屋@江ノ島に泊まってみる(2) 江ノ島へ >>