<< オモチャ箱 長距離通勤はつらい >>

スターバックス効果

アメリカグラミー賞で故レイ・チャールズの「ジーニアス・ラブ」が最優秀アルバム賞などを獲得したが、200万枚以上のセールスのうち、スタバで販売されたのがその1/3にあたる約60万枚を扱ったそうで。
おそるべしスターバックス効果だ。
アメリカのスタバではすでに昨年、店内のパソコンで音楽ダウンロード販売を開始しているようだ。
コーヒーを飲みながら自分の好みの選曲のCDも作成できるという。
日本でもこういうサービスが提供される日もそう遠くないでしょう。
いや、早くはじめてください!
[PR]
by crab2003 | 2005-02-15 18:45 | 音楽のこと | Comments(4)
Commented by blue_koichiro at 2005-02-15 18:47
うわぁっ! そーだったのですか?
恐るべしスターバックス!!
日本もレコード会社の利権問題をとっととやっつけてAppleのITMSが早く始ると良いのにねぇ〜
Commented by sweet_crepe at 2005-02-15 21:32
好きな曲たくさんあるといいなぁ。。。って、日本はまだか。
Commented by crab2003 at 2005-02-16 08:33
★blue_koichiroさん、
日本のレコード会社にとっととこの問題を片づけろって言いたいです。
なんか動きが遅いんですよね‥
Commented by crab2003 at 2005-02-16 08:34
★sweet_crepeさん、
いろんな曲を聴くチャンスが増えると思うんですけどね。
早く実現してほしいです。
<< オモチャ箱 長距離通勤はつらい >>