<< JAPAN XV vs フレン... 気仙沼 >>

佐野元春@ZEPP Sendai

初めての仙台でした。来月で契約満了でZepp Sendaiは閉館とのこと。

佐野さんの思いが伝わる素晴らしいライブでした。






★★★ここから↓はネタバレ★★★




























アッキーこと藤田顕側は初めて。
3度目だがオープニングの「COYOTE Theme 2012」グングン迫ってくるギターの音色が好きだ。
ほんとにアルバムに入れて欲しい1曲。

佐野さん登場!
「ナポレオンフィッシュと泳ぐ日」
仙台のこの地に立って歌ってる姿に涙した。
立ち上がりのオーディエンスは少し大人しめだったが、だんだんとボルテージは上がる。

「VISITORS」の重厚な音が響き、藤田君、深沼君のギターが冴え渡る。
横浜やお台場のときより、さらにキレがあるように感じた。

大好きな「レインガール」
梅雨が長く雨が続く年に書いた曲、という紹介で歌いだした。
個人的にここで最初のクライマックスを迎えた。心地よいワルツに酔いしれた。

そして新曲の披露。

「虹をつかむまで」では涙をこらえきれず歌う元春。
そして両サイドのギター藤田君、深沼君がそれをフォローするかのように、ギターをかきならす。
その姿に心震えました。
(これ書いてるだけで涙が出そう)
歌い終わった後、タオルで何度も拭ってた。
スタッフがポンと元春の方を叩く。

前日に石巻を訪れて鎮魂の唄を詠んだとのこと。
きっとこの新曲も、震災後にいろんな想い込めて作ったのだろう。
帰りのバスの中でもこのシーンが蘇り、2度、3度涙がこぼれた。

「警告どおり 計画どおり」
仙台行きを決めたのは、この曲を東北のステージでどう歌うかを見たかったから。
もしかしたら、あえて歌わないかも?とも思ったし、チェルノブイリの所をフクシマに変えて歌うかな?とも思った。
正面をしっかり見据え、気迫あふれるロックナンバーを力強く歌った。
2度目のクライマックス。

いつもよりMCも多かったし(震災のことには触れてません)、元春もよく観客の様子を確かめるように見ていたようだった。

震災後、何かしら現地でライブをするなりアクションを起こしてもいいのでは?とも思ったが、やっと歌ってくれた。
きっと東北のファンは心待ちにしていたと思う。

東北で歌ってくれて本当に嬉しかった。
東北のファンと一緒に佐野さん最後のZepp Sendaiを見届けて嬉しかった。
忘れられない夜となった。


セットリスト、ぼけてますが・・

仙台恒例のアンコール「佐野、チャチャチャ!」初体験。
元春も「佐野、チャチャチャ!を聞くと、ここ帰ってきた気持ちになる(戻ってきただったかな^^;)」と上機嫌でした。

Zepp Sendaiは契約満了による閉鎖と聞いてるが、ほどよい小さなハコで、2階席もちょっと奥まってて見やすそう。
ステージの高さもちょうどよく、どこからもよく見える感じ
駅チカ(ほぼ駅ナカ)だし、このライブホールがなくなるのは残念。
また新しいのができるのかな?


a0000912_0595334.jpg

[PR]
by crab2003 | 2012-06-19 21:00 | 音楽のこと | Comments(4)
Commented by readymade_ayu at 2012-06-21 00:36
レポートありがとうございます。
お疲れのところ申し訳ありませんでした。
ウチの特派員はポツポツとメールをくれます。
その特派員も今日、石巻へ行ったそうです。
大切な人たちが3日間続けて訪問したと思うと言葉につまります。

これは、君についての歌なんだ。
Commented by crab2003 at 2012-06-21 23:15
きちんと記録と記憶に残すべきステージでした。

無事、石巻に行けたのか、良かったね。
あの天気だったから心配してたけど。
Commented by てん at 2012-06-29 18:09 x
昨日ライブ行ってきたのでやっと読みに来れました(o^^o)

今回のライブは優しさに満ちあふれてるな・・・って思いました。
ストレートなことは何もしゃべらないけど
歌だけで佐野さんの心が伝わってきていつになく私の心も震えました。
特に「虹をつかむまで」は泣けました。
佐野さんにしてはストレートな歌詞ですよね。
たくさんの人に聴いてもらいた歌やと思いました。

「警告通り~」から「僕にできることは」の流れは
考えさせられます。
言葉の一つ一つが重いです。

とにかく今回一番言えることは佐野さんの滑舌が素晴らしかった!!
Commented by crab2003 at 2012-06-29 21:50
★てんさん、
待ちまった大阪ライブでしたね。
ストレートな言葉を使わずに歌で伝える元春。だから、胸にぐっと来る。
そんな感じでしょうか。
今回のツアーのセットリストはすごく考えて作った気もします。
新しいアルバム楽しみですね。「虹をつかむまで」がどんな仕上がりになるのかも含めて。
<< JAPAN XV vs フレン... 気仙沼 >>