<< 4月14日 13歳 >>

アナログ盤で過ごした休日

雨の日のブックカフェ







久しぶりにレコードプレーヤをひっぱり出し聞いてみた。
こんな雨の日は、太田裕美の「雨だれ」
やっぱりかわいいなぁ、19歳の頃か。
今でも、めちゃタイプです^^


明らかにデジタルとは違う音。
やはりこちらの音を素直に受け入れられる。
便利さとの引き換えに失ったもの。

当時のEP盤に書かれてるプロフィールには、スリーサイズが書かれている^^;
アイドルとしてデビューしたのでしょう



こちらも、先日訪れた麻布のRainy Day Bookstore & Cafeで出会ってジャケ買いしたLP。
いまや世界的Singerとなった由紀さおり。
いずみたく&永六輔の名作を歌う。
あのドリフの「いい湯だな」(群馬)も、美しい声で歌い上げている。
ドリフとどっちが先なんだろか。

今日は部屋に昭和な空気が流れた。



にほんのうた。
今聴くと、意外と新鮮。





アナログ盤「月と専制君主」も聴いてみた。
「君がいなければ」で『メンバーと一緒に聴いていたとき、曲が終わった瞬間に自然な拍手が起こった』と書かれている。
まさにそんな光景が目に浮かぶ一曲。





今、気になるのは雪村いづみさんのレコードです。
[PR]
by crab2003 | 2012-04-14 13:00 | 音楽のこと | Comments(2)
Commented by kazunao1878 at 2012-04-15 09:52
懐かしいですね、レコード。
ウチにはレコードプレイヤーすらなくなってしまいました。
CDとは違ったアナログの音、久しぶりに聞いてみたくなりました。
Commented by crab2003 at 2012-04-16 08:29
★kazukaoさん、
子どもの頃はソノシートなんてのも、子ども向け雑誌の付録についてたりしましたよね。なんかワクワクしたのを覚えてます。
チリチリチリって音すらも心地よく感じてしまいました。
<< 4月14日 13歳 >>