<< 早朝キャッチボール 1日遅れの夏至のキャンドルナイト >>

The MODS@日比谷野音 30th Anniversary


ドラマー梶浦が脱退して初めての野音。つまり若きドラマー佐々木周にとっても初野音

伝説の雨の野音と言われるライブがある。
29年前の6月20日。THE MODSはデビュー1周年のライブをここ日比谷野音で行った。
だがその日、記録的豪雨に見舞われた。それでもライブは続いた。
ほとんどの機材が水浸しになる中、ドラムとボーカルと会場からの声だけのTWO PUNKSは、ある意味THE MODSの原点のひとつとなったのだろうと思う。

2011年の野音も天気はぐずついたが、演奏中は雨は降らず。
爽やかささえ感じる空気の中、30周年のAnniversaryの”ヤオン”は始まった。



5月からモリヤンの体調の理由でライブの延期が続いていた。
このヤオンも開催が危ぶまれたが、なんとか幕を開けた。
ステージに登場し歌いだしたモリヤンを見てホッとしたのと、その姿にちょっと感動。

MCでは弱気な発言はあったものの、ダンスのキレは抜群だし歌は相変わらず上手いし。

シャレたクツの下に~COME ON DOWNあたりはかなりヒートアップしていたなぁ。自分が。

Counter Actionを期待したが、残念ながら演奏せず。



モリヤンが言うように、30年歌い続けてきたロッカーの前には、同じく聴き続けてきたたくさんのロック好きがいるんだと思う。

30周年にふさわしいライブだった、ハンドもオーディエンスも。
ラストのLOOSE GAMEで「最後の野音になるかもしれないから」というメッセージの真意はわからないが、涙がこぼれてきた。



Let's Go Garage
MAKE SOME TROUBLE
TRUST ME
壊れたエンジン
STORY
BACK TO ALLEY
HAIL HAIL ROCK&SOUL
RIGHT TIME RIGHT WAY
T-O-K-Y-O アイランド
TRUMP
JUST SAY FUCK NO
LIVE WITH ROCK'N'ROLL
EVERYBODY LOVES SOMEBODY
シャレたクツの下に
COME ON DOWN
------
a Song
LET'S GAMBLIN' TIME
LONDON NITE
------
ROCKAWAY
TWO PUNKS
不良少年の詩
------
他に何が
NAPALM ROCK
------
LOOSE GAME
[PR]
by crab2003 | 2011-06-26 20:00 | 音楽のこと | Comments(2)
Commented by minmei316 at 2011-06-29 13:06
やはり行かれましたか
crabさんの最後の言葉にわたしも泣けてきた
今回のラストは LOOS GAME でしたか・・・  もう、これしかないっしょ 
Commented by crab2003 at 2011-07-01 06:16
★minmeiさん、
モリやんがこの日全国から集まった多くのMODSファンの声援を受けて元気をもらってくれてれば、と思いました。
35周年とか40周年とか言わず、彼らの一歩一歩を追いかけて行きたいです。
<< 早朝キャッチボール 1日遅れの夏至のキャンドルナイト >>