<< 父の日でした 佐野元春@東京国際フォーラム ... >>

佐野元春@東京国際フォーラム 30周年アニバーサリーツアーファイナル "All Flowers In Time"

同じタイトルの記事が続きますが間違いではありません(笑)

佐野元春デビュー30周年記念ツアーファイナル2DAYSの二日目。
本当の最終日。

未成年は4000円が返金されるニューエイジキャッシュバックというものがある。
全日の公演ではたくさんの親子が並んでいた。
なんか嬉しかったなぁ。

長男に一緒に行く?と聴いてみたら「行かない。小田和正なら行く」と。
で、次男に聞いてみたら「行く!」って。でもチケットなかった(笑)

いつか息子と元春のライブに行きたいと思っているが、
『ロックンロールは親が与えるものではなく自分で見つけるもの』
と考えている。
誰かのライブを観にいきたいと言うようになったら、一緒に行きたいなぁ。
いつになるんでしょう。
AKB48に行きたいと言われない事を願ってます(笑)


朝から子どものラグビーの試合があり、会場の到着したのは開演予定の5分前。
急いで会場のエスカーレーターを上がると西本明氏が。
何回か目が合って握手をお願いしようかなと一瞬思ったけどやめました。
元春のライブで、西本明さんのピアノにも何度も酔いしれたからなぁ。
会場から一緒にお祝いできたのが嬉しい。

30列目くらいで後ろの方だったけど、前日の8列目より全然よい!
前日は前に背の高い人がいたせいもあるが、この日は全体を見渡せる。

4時開演ということで、なにか特別な演出があるのかと期待していた。
でも元春のことだから、きっと元春らしく土曜日と同じ内容になるんだなとも思っていたけど。

"有楽町で逢いましょう"&小芝居はありませんでした(意外)

幕が開いてオープニングの“CHANGES”

少し前の席に4歳くらいの男の子を連れたご夫婦がいた。
Happy Manの時、抱っこされたその男の子が拍手して元春の歌う姿を見てるんだよね。
微笑ましくて嬉しい気持ちになった。


最後の公演も3時間。
演奏して欲しい曲もあったけど、それでも中身のぎっしりつまった3時間。
席が後ろの方だといいことがあって、それはオーディエンスの様子が見えること。
ずっと元春を追い続けて、この会場に集まって、同じ気持ちで元春の曲をみんな楽しんでる姿を見るのが嬉しいんだ。

初めて元春のライブを見たときのような興奮と高揚感。
最高のロックンロールショーだった




そして、終演後の楽屋ではこんな光景が・・
ダディと元春の再会のシーンに涙 →伊藤銀次のブログより『Young Forever』

ロッキング・オンのレポートでもライブの様子がよくわかります。



さて、長い30周年記念イベントも終わりました。

次の元春はいつになるんだろう。
そろそろ新しいアルバムを聴きたくなってきたぞ(気が早い?)




ブログを始めてからのライブリスト
[PR]
by crab2003 | 2011-06-19 19:00 | 音楽のこと | Comments(2)
Commented by てん at 2011-06-20 17:31 x
2日とも参加なんて羨ましいかぎりです!!

曲目は大阪とそんなに大きく変わらなかったんですね。
大阪ではゲストの歌が聴けて楽しかったと思う反面
やっぱりずっと佐野さんの歌を聴きたかったって思いが強いです。
東京も行きたかったなぁ~~!!!

あとあちこちのブログで「東北のファンからのメール」のことを
読んで、そのたびに泣けました。
とても佐野さんらしいですね。
やっぱり好きです!!
Commented by crab2003 at 2011-06-22 18:05
★てんさん、
いやぁ、大阪ライブに行けなかった人はけっこうあの顔ぶれを羨ましがってましたよ~

東北ファンからのメールからの流れは、またそこから盛り上がり、会場にいた人はそれぞれの想いを胸にライブを楽しんだのはないでしょうか。

まさしく30周年アニバーサリーにふさわしいパフォーマンスを魅せてくれました。
<< 父の日でした 佐野元春@東京国際フォーラム ... >>