<< 佐野元春@東京国際フォーラム ... 鎌倉での紫陽花の会へ >>

氷室京介@東京ドーム 東日本大震災復興支援チャリティライブ


東日本大震災復興支援チャリティライブ
KYOSUKE HIMURO GIG at TOKYO DOME
"We Are Down But Never Give Up!!"


氷室京介の東日本大震災復興支援チャリティライブへ行って来ました。

歌うのはBOOWY時代の曲オンリー


このライブが発表された時、BOOWY再結成か!?と世間は騒ぎましたが氷室さんのツアーバンドで。

布袋さんはCOMPLEXでチャリティライブをやると。



まだ大学生だった頃、BOOWYの最後の東京ドーム2DAYSも行きました。
再び、BOOWYを歌う氷室さんのライブを見れるとは思ってませんでした。
チケット争奪戦も激しかったが、なんとか当選。
ドームの2階席だったけど、あの場所にいれただけで幸せ。

開演直前に黙祷
目を閉じると津波で押しつぶされた叔母のことを想い涙が流れる。

そしてステージは幕を開ける。

もう何度も聴いて歌ったDREAMIN’
感激の瞬間

ドームがうねる、ゆれる

5万人の大合唱

ヒムロックカッコイイ!!!

DREAMIN’からNO.NEW YORKまで、ドームは最初から最後まで最高潮のままだった。


1.DREAMIN’
2.RUNAWAY TRAIN
3.BLUE VACATION
4.ROUGE OF GRAY
5.TO THE HIGHWAY
6.BABY ACTION
7.JUSTY
8.Welcome To The Twilight
9.BAD FEELING
10. 16
11.LONGER THAN FOREVER  
12.MEMORY
13.B・E・L・I・E・V・E
14.季節が君だけを変える
15.B・BLUE
16.MARIONETTE
17.PLASTIC BOMB
18.DOWN TOWN SHUFFLE
19.BEAT SWEET
20.RENDEZ-VOUS
21.ONLY YOU
22.IMAGE DOWN
<アンコール>
23.ON MY BEAT
24.ホンキー・トンキー・クレイジー
25.NO.NEW YORK 


夢のような1日だった

このステージの準備も多くの無償提供やボランティアで成り立っていると言っていた。

その想いが被災地に届くはずだと信じている。





写真は当日のライブのものではありません。




どこかで観ていただろう松井常松さんのライブ後のコメントがいい。



BOOWYを歌う氷室京介は、
何年経っても、
何歳になっても、
せつないまでに、あの頃のままだった。

素晴らしいステージ、
そして、素晴らしい時間でした。





このライブの模様がオンエアーされます。


6月17日(金)23:58より
日本テレビ系全国ネット「NEWS ZERO」にて特集オンエアー
「震災復興支援チャリティライブ&ドキュメンタリー」
*放送の内容に変更がある場合があります。


6月17日(金)深夜25:53より
日本テレビ(関東ローカル)
氷室京介 × NEWS ZERO 特別版「氷室京介 震災復興支援ライブ 11万人2101人の3.11 」
被災地に向けて、復興支援に向けて、氷室の思いに賛同したスタッフ、オーディエンス11万人の
“VOICE"を中心に構成されたライブ&ドキュメンタリー番組のオンエアーが決定!!
[PR]
by crab2003 | 2011-06-12 19:00 | 音楽のこと | Comments(4)
Commented by hide3190ymo at 2011-06-16 20:01
氷室さんのライブ、BOOWY時代の曲オンリーだったんですねー。

職場でも、BOOWY復活のウワサが流れましたが、さすがに20代の若い職員たちは、BOOWYやCOMPLEXは知らないようで、ジェネレーションギャップを感じました。(笑)

ラストは、NO NEW YORK、ロマンチックな終わり方ですネ。
私も、NO NEW YORKをきっかけに、BOOWYを好きになりました。
Commented by crab2003 at 2011-06-18 10:52
★hideさん、
封印していたBOOWY曲をあえて持ち出して被災地のために、と氷室さん。
被災地と支援する人たちが繋がった瞬間でした。

Commented by まさ at 2012-04-07 00:59 x
敵は昨日の自分

深いと思います。


また、氷室さんの命の奥深さからの深い深い思い。感じ伝わります。
Commented by crab2003 at 2012-04-07 23:37
★まささま、
コメントありがとうございます。
氷室さん、そういう方ですね。想いがこめられたライブでした。
<< 佐野元春@東京国際フォーラム ... 鎌倉での紫陽花の会へ >>