<< 鬼は外は明々後日 学級閉鎖 >>

アナログ盤 『月と専制君主』/佐野元春




プチっ、と針を落とす音。
懐かしいその音。



LP盤の封を開け、ジャケットを取り出し一呼吸。
端っこを開いてビニール袋に大切に包まれているレコードを取り出す。
そっとターンテーブルにレコードをセット。
45回転EP盤のアダブターがはめられていた(数年前の前回はEP盤を聴いたということ)



そして静かに針を落とす。

昔のままの儀式をこなしてこのアルバムを聴いてみた。

A面からB面に裏返すのを一瞬忘れてしまうくらいに、レコードから長い時間離れていたようだ。。

月と専制君主

佐野元春30周年アニバーサリーアルバムであり、セルフカバーアルバム。
しかし本人のが言うとおり、世間でよく見かけるセルフカバーではない。
新作と言ってもいいだろう。
当時のアレンジ、バンド、そして時を越えて生まれ変わった名曲の数々。

元春らしくダウンローディング、CD、アナログといろんな形でリリースされた。



当時この曲にはそれほど気になる楽曲ではなかったけど、"B面4曲目"の『君がいなければ』の良さをすごく感じる。
優しく語り掛けるように歌う歌詞が心に伝わってきました。
元春が「僕に影響を与えてくれた女性を想って書いた曲」というように男性にはちょっとぐっとくる歌詞な気がする。

そして"B面5曲目"の『レインガール』
ライブでこのバージョンを聴いたときは、イントロからやれれた。涙が出てきた。
その時の印象があまりに強くて、CDから流れる曲にちょっとインパクトが欠けてるように感じたが、何度も聴いてるうちにやっぱりこの曲の感動が蘇ってくる。
ワルツ調の曲は心に染みます。



長男も次男もレコードの存在を知ってはいたが、実物を見るのは初めてだった。
レコードが回り、針が音を拾ってスピーカーから流れる様子が不思議だったようで。







アナログ盤で聴くと温かみのある音に聞こえるのは気のせいか。

またしばらくしたらアナログプレイヤーを出して聴いてみよう。
[PR]
by crab2003 | 2011-01-30 22:02 | 音楽のこと | Comments(2)
Commented by kazunao1878 at 2011-01-31 18:33
レコードですか。
懐かしいですね。
針を落とす瞬間が楽しみなのですよね。
Commented by crab2003 at 2011-02-03 06:22
★kazunaoさん、
しまってあったプレイヤーを引っ張り出してきました。
今やすごくアナログ盤から音を出すのは面倒で不便な作業ですが、そこから出てくる音はやっぱり我々世代には懐かしいです。
たまにアナログ盤も悪くないですね。

<< 鬼は外は明々後日 学級閉鎖 >>