<< 勉強を教えるのもなかなか大変だ J-POP 永遠の80's >>

響く裸の言葉



先日の佐野元春@SHIBUYA PLEASURE PLEASUREの記事。

NHKで放送されていた THE SONGWRITERSの影響もあり、詩の朗読、言葉の強さを実感して自分もこのライブを楽しめた。

「自分の曲に現在でも普遍性があるのか試したい」と。年末にはセルフカバーもリリースされそうだ。

「音楽がなくても生活はできる。でも優秀なソングライターの詩は人生の喜びや悲しみ、恋など様々な事柄を追体験させ、感受性を豊かにしてくれる」と結ばれていた。
まさのその通り。


[PR]
by crab2003 | 2010-10-05 23:03 | 音楽のこと | Comments(0)
<< 勉強を教えるのもなかなか大変だ J-POP 永遠の80's >>