<< OB戦 野毛山動物園のツガルさん >>

佐野元春×伊藤銀次によるトークショー@Timeout Cafe



「佐野元春 30周年アニバーサリー カフェ・ボヘミア2010」のトークイベント『佐野元春×伊藤銀次によるトークショー「サムデイを巡る回想録」』に参加してきました。

会場は、アンジェリーナの日のライブを行ったリキッドルーム2階にあるTimeout Cafe

佐野さんのバックバンドのギターは伊藤銀次というイメージがあまりに強すぎて、80年から4年間くらいしか一緒にライブをしていないと言う話を聞いて少し驚いてしまった。10年くらやっていた感じがする。それだけあの頃のライブは自分の中ですごく濃いものだったのだろう。



最も強く感じたのは、当時日本のロックンロールミュージックをメインストリームにのせたいという強い意志を持っていたこと。その意思は活字ではなく、本人の口からその声で聞いてより強いものであったことがわかった。
あのとき、SOMEDAYという楽曲、アルバムが誕生していなかったら、商業的に成功を収めていなかったら、それに関わる銀次や大瀧詠一氏らとので出会いがなかったら、DJたちが元春の曲をかけてくれなかったら‥日本のロックシーンも違ったものになっていただろう。

ほんとに興味深い話をたくさん聞けてよかった。



最後には参加者からの質問のコーナーがあって、質問を用意していたのにできなかった。というか手を挙げたけど残念ながら指名されませんでした。その質問はいつかそんな機会があるときまで胸にしまっておくことに(そんな大そうな質問じゃないけれど^^;)

一つ一つの質問に丁寧に、そしてそれにまつわる話をたくさん交えて答えてくれる姿にも感銘を受けてしまう。


チェアもおしゃれなCafe。



少し緊張感があって、でも和やかで、笑顔いっぱいの時間でした。


佐野元春デビュー30周年 イベント中継 by Moto's Web
[PR]
by crab2003 | 2010-03-21 21:00 | 音楽のこと | Comments(4)
Commented by Scrooge TOMO at 2010-03-23 23:01 x
このトークライヴ。
最後に質問をした女性?は、僕のマイミク(親しくないけど)らしいです。
伊藤銀次と云えば、The Heartlandの初代ギタリスト。
ナイアガラトライアングルVol.1で3人の中の1人。
しかしてその実態は・・・
暴CXで長寿のお昼間バラエティー番組が在る限りメシを絶え間なく喰えている?
そんなロックなオジサンだね(笑)
Commented by crab2003 at 2010-03-23 23:08
★Scrooge TOMOさん、
マイミクさんでしたか!最後の一人の質問を僕から奪ったのは(笑)
銀次の曲を流していて「誰の曲?」とかみさんに説明を求められて時の応えは「うきうきウォッチング」を作った人だよと。それ以外に説明の方法が見つかりませんでした。
Commented by 堅気屋 at 2010-03-23 23:29 x
最後の質問を奪ったのは、Scrooge TOMOさんの知り合いだったのですか。 世の中狭い。
いずれにせよ、情報ありがとうございます。

WEST,報告しましね
Commented by crab2003 at 2010-03-23 23:37
★堅気屋さん、
もう24時間を切ってますね。明日の今頃はライブの話で盛り上がってることでしょう。
WESTでのライブの様子、ぜひ聞かせてください。
ライブのときの元春の赤の服がすごく気に入ってます。
<< OB戦 野毛山動物園のツガルさん >>